ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 麻しん(はしか)に関する電話相談窓口の設置について

麻しん(はしか)に関する電話相談窓口の設置について

平成30年4月27日(金)発表

麻しん(はしか)に関する電話相談窓口の設置について

 現在、愛知県内において麻しん患者の発生が続いており、平成30年4月26日(木)時点で10名の麻しん患者(詳細はこちら [PDFファイル/240KB])が確認されています。

 今後、連休に向けて更なる患者の発生等が予想されることから、連休中の愛知県の電話相談窓口を下記のとおり4月28日(土)から設置することとしましたので、お知らせいたします。

電話相談窓口

設置期間:4月28日(土)から5月6日(日)まで

設置場所:愛知県健康福祉部保健医療局健康対策課 感染症グループ

電話番号:052-954-6272(ダイヤルイン)

受付時間:午前9時から午後5時まで

関連事項

 引き続き、県民の皆様へ県Webページ等を活用し注意喚起するとともに、本日、県の各部局を通じて、学校、福祉施設、公共施設等へ注意喚起を働きかけます。

 また、愛知県医薬品卸協同組合を通じて県内卸売業者に対し、ワクチンの地域偏在が生じないよう依頼するとともに、今後のワクチンの流通状況を把握するため、在庫量等の調査を行ってまいります。

【県民の皆様に対する注意喚起】

〇発熱、発疹等の症状から「麻しん」が疑われる場合は、必ずマスクを着用し、事前に医療機関に「麻しんかもしれない」ことを連絡の上、速やかに受診してください。また、受診の際は、周囲の方へ感染を拡げないよう、公共交通機関等の利用を避けてください。心配なこと等ありましたら、県健康対策課又は最寄りの保健所にご連絡ください。

〇麻しんの予防接種歴がない方には、ワクチン接種が推奨されます。

問合せ

愛知県健康福祉部保健医療局健康対策課
感染症グループ
電話:052-954-6272(ダイヤルイン)
E-mail: kenkotaisaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)