ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県民生活課 > 写真の規格と見本(パスポート)

写真の規格と見本(パスポート)

パスポートは外国において身分証明書となる大切なものですので、必ず次の規格に合った写真を御用意ください。規格外の写真や不適切な写真は受付できません。

規格

規格写真

1 6か月以内に撮影されたもの
2 ふちなしで左画の各寸法を満たしたもの
3 申請者本人のみが正面を向いて撮影されたもの
4 無背景(影なし)、無表情、無帽のもの
5 白黒・カラーいずれも可

この写真がパスポートに転写されます。

適切な写真

適当な写真の例

・ スピード写真・デジタルカメラ等を御利用になる方はお顔の大きさ・位置・画質の荒さ等に御注意ください。
・ 個人で申請される場合は、裁断・貼り付けを旅券窓口で行いますので、貼らずにそのままお持ちください。
・ 写真は傷つきやすいため、予備があれば念のためお持ちください。

不適切な写真の例

  ・青字は特に撮り直していただくことが多い例です。
   ×画像に修正を加えたもの
   ×汚れや傷、変色のあるもの
   ×髪で顔の輪郭が隠れるもの
   ×顔の位置が片寄っているもの
   ×平常の表情と著しく異なるもの(極端に笑い、歯が見えていたり、目を細めたりしている 等)
   ×背景と人物や着衣の色が同一色で、境目がわかりにくいもの
   ×頭髪のボリュームが大きく、顔の面積が小さいもの(このような場合は、髪を除いて顔の大きさを確保してください。)
   ×目元がはっきりしないもの
    
(色つきレンズの眼鏡、眼鏡のレンズの反射、眼鏡のフレームが目にかかっている、髪が目にかかっている、影になっている 等)
   ×顔や頭の一部が隠れる装飾品等があるもの(幅の広いヘアバンド、太いフレームの眼鏡、イヤリング、マスク、衣服、絆創膏等)
   ×ピンボケや手ブレ等により不鮮明なもの
   ×顔写りの反射が強いもの、顔に影があるもの
   ×色付きのコンタクトレンズを使用しているもの

 

不適当な写真の例

適切な写真(トリミング例)

適当な写真(トリミング例)

 頭髪のボリュームが極端に大きい場合には、左図に示すように「両眼の中間から頭頂までの距離」は「両眼の中心から顎(あご)までの距離」と等しいものとみなして、トリミングしてください。

パスポート申請用写真については、下記リンク先を御参照ください。
外務省:パスポート申請用写真の規格について

問合せ

愛知県 県民生活部 県民生活課【愛知県旅券センター】
〒451-6005 名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー5階
電話:052-563-0236
E-mail: ryoken@pref.aichi.lg.jp