ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 生活・交流 > 消費生活 > 買物行動等消費者アンケート調査を実施しました

買物行動等消費者アンケート調査を実施しました

平成24年2月20日(月曜日)発表

買物行動等消費者アンケート調査を実施しました

 経済社会のグローバル化や高度情報化が進展する中、消費者の買物方法の多様化が進んでいます。また、平成23年3月の東日本大震災後に、一部の商品において消費者による買いだめ行動が見られました。そのような状況下における、買物行動に関する消費者の意識等を調査するため、アンケート調査を実施しましたので、その結果をお知らせします。

1 調査の名称

買物行動等消費者アンケート調査

2 実施時期

平成23年11月25日から12月9日まで(郵送及びインターネットによる)

3 対象者

愛知県消費生活モニター 375名(回答者数 366名 回収率 97.6%)

調査結果の概要(抜すい)
買物するとき、買物袋を持参するか? ~約9割の人が「持参する」と回答~

 日常の買物において、買物袋を持参するか尋ねたところ、「持参する」との回答は全体で90.4%で、平成13、19年度に実施した調査結果と比較して著しく増加しています。(調査報告書「問1-3」参照)

インターネットショッピングの利用状況について

 ~インターネット利用者の8割以上がインターネットショッピングを利用~

 インターネットを利用している人に、インターネットショッピングを利用したことがあるか尋ねたところ、全体で8割以上の人が「利用したことがある」と回答しています。また、平成13、19年度に実施した調査結果と比較すると、どの年代でも「利用したことがある」との回答が増えています。(同「問2-2」参照)
インターネットショッピングでのトラブルの経験について

 ~利用者の15%がトラブルを経験~

 インターネットショッピングを利用したことがある人に、トラブルの経験があるかを尋ねたところ、15%の人が「ある」と回答しています。(同「問2-4」参照)
東日本大震災後に買いだめした商品について

 ~ペットボトル入りの水を最も多くの人が買いだめした~

 東日本大震災後、買いだめした商品を尋ねたところ、「ペットボトル入りの水」との回答が最も多くなり、次いで「乾電池」となっています。(同「問3-2」参照)

買物行動等消費者アンケート調査報告

問合せ

愛知県 県民生活部 県民生活課
県民相談・調整グループ
担当:塚田、佐光
電話:052-954-6163
内線:5002、5003
E-mail: kenminseikatsu@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)