ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 生活・交流 > 消費生活 > 大きな声やきつい口調で消費者を困らせ、しつこく勧誘して印鑑を買わせていた事業者に業務停止命令処分(3か月)

大きな声やきつい口調で消費者を困らせ、しつこく勧誘して印鑑を買わせていた事業者に業務停止命令処分(3か月)

平成26年6月11日(水曜日)発表

訪問販売で印鑑売買契約を締結させていた事業者に業務停止命令処分を行いました

 名前を鑑定すると言って消費者の住居を訪問し、大きな声やきつい口調で消費者を困らせて、しつこく勧誘するなどして印鑑売買契約を締結させていた個人事業者に対し、平成26年6月11日付けで特定商取引に関する法律(以下「法律」という。)に基づく3か月間の業務停止命令並びに県民の消費生活の安定及び向上に関する条例(以下「条例」という。)に基づく勧告を行いました。

1 事業者の概要

(1) 事 業 者 濵口 寿人(はまぐち ひさひと)(屋号:千寿フォースプロモーション)

(2) 所 在 地 名古屋市緑区西神の倉2丁目

(3) 事業開始 平成19年10月

(4) 事業概要 印鑑の販売

2 取引の概要

 千寿フォースプロモーションこと濵口寿人(以下「同人」という。)は、消費者の住居を訪問して印鑑売買契約の締結について勧誘し、当該契約を締結していたものである。

3 業務停止命令の内容

 法律第2条第1項に規定する訪問販売に関する業務のうち、同人が行う次の業務を、平成26年6月12日から平成26年9月11日までの3か月間停止すること。

(1) 訪問販売に係る売買契約の締結について勧誘すること。

(2) 訪問販売に係る売買契約の申込みを受けること。

(3) 訪問販売に係る売買契約を締結すること。

 

4 愛知県内(県及び市町村)の相談受付件数(平成26年3月末現在)

平成22年度:11件 平成23年度:16件 平成24年度:11件 平成25年度:24件

5 愛知県の県民生活プラザへの相談状況(平成26年3月末現在)

・受付件数

 平成22年度:4件 平成23年度:5件 平成24年度:3件 平成25年度:11件

・契約者年齢(平均 27.7歳 最低 20歳 最高 39歳)

 20代:36件 30代:24件 不明:2件

・契約金額

 平均 77,242円(最低29,000円、最高396,000円)

6 業務停止命令・勧告の対象となる不当な取引行為の例

(1) 氏名等の不明示(法律第3条)

 同人は、消費者宅を訪問する際、最初に、訪問の目的が印鑑売買契約の勧誘である旨を告げていなかった。

(2) 再勧誘(法律第3条の2第2項)

 同人は、消費者が断っているのに、繰り返し印鑑売買契約の締結について勧誘した。

(3) 契約書面の不備(法律第5条第1項)

 同人は、契約書面に代金の支払時期及び支払方法を記載していなかった。

(4) 威迫困惑(法律第6条第3項)

 同人は、大きな声やきつい口調で消費者を威迫して困惑させた。

(5) 履行拒否・不当遅延(法律第7条第1号)

 同人は、印鑑売買契約を解除した消費者に対して自ら返金日を約束しておきながらその日には返金せず、その後何度も返金日を設定しては履行しないということを繰り返した。

(6) 迷惑勧誘(法律第7条第4号、省令第7条第1号)

 同人は、3時間以上の長時間にわたって勧誘した。また、女性の消費者の肩や頭を触り、握手を求めるなどした。

(7) 販売目的の隠匿(条例第13条第2項、条例施行規則第2条第1号)

 上記(1)の事実と同じ。

(8) 長時間の迷惑勧誘(条例第13条第2項、条例施行規則第2条第11号)

 上記(6)前段の事実と同じ。

(9) クーリング・オフ妨害(条例第13条第2項、条例施行規則第5条第1号)

 同人は、印鑑売買契約の日から8日以内に解約を申し入れた消費者に対し、もう返金できないと欺くなどしてクーリング・オフを諦めさせた。

(10) 原状回復義務の拒否・遅延(条例第13条第2項、条例施行規則第5条第3号)

 上記(5)の事実と同じ。

勧誘事例・関係法令

問合せ

愛知県県民生活部県民生活課
事業者指導グループ
担当:藤田・小椋
内線:5035・5036
ダイヤルイン:052-954-6165

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)