ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 生活・交流 > 消費生活 > 断っているのに6時間以上勧誘したり、大量の健康食品を次々に買わせていた事業者に業務停止命令処分(6か月)

断っているのに6時間以上勧誘したり、大量の健康食品を次々に買わせていた事業者に業務停止命令処分(6か月)

平成26年10月31日(金曜日)発表

訪問販売で布団や健康食品の購入を勧誘していた事業者に業務停止命令処分を行いました

 「いらないから帰ってください」と繰り返し断っているのに6時間以上勧誘したり、2年分の健康食品を長期分割払いで販売した2か月後にさらに1年分の健康食品を販売するなどしていた訪問販売事業者に対し、平成26年10月31日付けで特定商取引に関する法律(以下「法律」という。)に基づく6か月間の業務停止命令並びに県民の消費生活の安定及び向上に関する条例(以下「条例」という。)に基づく勧告を行いました。

1 事業者の概要

(1) 事 業 者 株式会社ドリームワン

(2) 代 表 者 代表取締役 程内 孝信(ほどうち たかのぶ)

(3) 所 在 地 名古屋市東区泉三丁目26番6号 メゾンドールエスト

(4) 資 本 金 500万円

(5) 設  立 平成17年5月13日

(6) 事業概要 布団、健康食品、健康機器等の訪問販売

(7) 従業員数 8名(平成26年8月末現在。名古屋本社のみ。)

2 取引の概要

 株式会社ドリームワン(以下「同社」という。)は、消費者の住居を訪問して布団、健康食品等売買契約の締結について勧誘し、当該契約を締結していたものである。

3 業務停止命令の内容

 法律第2条第1項に規定する訪問販売に関する業務のうち、同社が行う次の業務を、平成26年11月1日から平成27年4月30日までの6か月間停止すること。

(1) 訪問販売に係る売買契約の締結について勧誘すること。

(2) 訪問販売に係る売買契約の申込みを受けること。

(3) 訪問販売に係る売買契約を締結すること。

4 勧告の内容

 販売目的の隠匿、長時間・深夜の迷惑勧誘、不退去及び不当な過量販売を行わないこと(条例第13条第2項並びに条例施行規則第2条第1号、第11号及び第12号並びに第3条第1号に該当)。

5 愛知県内(県及び市町村)の相談受付件数(平成26年8月末現在)

平成23年度:14件 平成24年度:4件 平成25年度:16件 平成26年度:4件

6 愛知県の県民生活プラザへの相談状況(平成26年8月末現在)

・受付件数

 平成23年度:10件 平成24年度:2件 平成25年度:9件 平成26年度:0件

・契約者年齢(平均 36.6歳 最低 20歳 最高 63歳)

 20代:6件 30代:6件 40代:7件 60代:2件

・契約金額

 平均 515,817円(最低69,600円、最高1,713,726円)

7 業務停止命令・勧告の対象となる不当な取引行為の例

(1) 勧誘目的等の不明示(法律第3条)

 同社の営業員は、勧誘する商品の種類を告げず、又は商品の購入を勧めることを告げずに消費者宅に上がり込んで、布団、健康食品等の購入を勧誘した。

(2) 再勧誘(法律第3条の2第2項)

 同社の営業員は、消費者が「お断りします。」「いらないから帰ってください。」などと何度も断っているのに勧誘を続けた。

(3) 威迫困惑(法律第6条第3項)

 同社の営業員は、商品売買契約を締結させるため、命令的な強い口調で契約書にサインさせたり、「次から次に勧誘に来る」と消費者を脅すなどして消費者を困惑させた。

(4) 過量販売(法律第7条第3号)

 同社の営業員は、2か月前に2年分の健康食品を購入した消費者に対し、さらに1年分の健康食品を長期分割払で購入させるなどした。

(5) 迷惑勧誘(法律第7条第4号、省令第7条第1号)

 同社の営業員は、消費者が繰り返し断っているのに帰らず、6時間以上の長時間にわたって勧誘したり、仕事から帰宅した直後の消費者に対して午後9時以降勧誘を続けるなどした。

(6) 販売目的の隠匿(条例第13条第2項、条例施行規則第2条第1号)

 上記(1)の事実と同じ。

(7) 長時間、深夜の迷惑勧誘(条例第13条第2項、条例施行規則第2条第11号)

 同社の営業員は、6時間以上の長時間にわたって勧誘したり、仕事から帰宅した直後の消費者に対して午後9時以降勧誘を続けるなどした。

(8) 不退去(条例第13条第2項、条例施行規則第2条第12号)

 同社の営業員は、消費者が「お断りします。」「いらないから帰ってください。」などと何度も断っているのに、消費者の自宅から退去しなかった。

(9) 不当な過量販売(条例第13条第2項、条例施行規則第3条第1号)

 上記(4)の事実と同じ。

勧誘事例・関係法令

問合せ

愛知県県民生活部県民生活課
事業者指導グループ(消費生活相談窓口ではありません。)
担当:藤田・小椋
内線:5035・5036
ダイヤルイン:052-954-6165

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)