ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県民生活課 > 消費者トラブル情報<あいちクリオ通信 平成28年11月号>点検を口実に高齢者に修理・修繕等の契約をさせるトラブルが増加!

消費者トラブル情報<あいちクリオ通信 平成28年11月号>点検を口実に高齢者に修理・修繕等の契約をさせるトラブルが増加!

平成28年11月18日(金曜日)発表

-消費者トラブル情報- <あいちクリオ通信> 

 愛知県消費生活総合センター及び各消費生活相談室には、消費生活に関する様々な相談が寄せられています。

 この「-消費者トラブル情報- <あいちクリオ通信>」では、消費者被害の未然防止を図ることを目的にその時々の具体的な相談事例を紹介し、消費者トラブルに対する注意を喚起しています。

11月号の概要

『点検』を口実に高齢者に修理・修繕等の契約をさせるトラブルが増加!

 

 ・「点検サービスで来訪した業者から、住宅の修繕工事を次々に勧誘されて契約してしまった。費用が高額なので解約したい。」等の「次々販売」を始め、「点検をきっかけに修理・修繕の契約をしたが解約・返金したい。」といった相談が増加しています。

 ・また、「水道局から委託を受けて無料点検にまわっている。下水管を点検したい。」等、公的機関をかたって『点検』の為の訪問の約束を取り付ける業者に関する相談が県内で多発しています。

 ・契約者の年代別では70代が最も多く、次いで80歳以上、60代と続き、高齢者の割合が高くなっています。  

 消費者トラブル情報-<あいちクリオ通信 平成28年11月号>

 

  クリオ通信平成28年11月号 [PDFファイル/331KB]

 

問合せ

愛知県 県民生活部 県民生活課
消費生活相談グループ(消費生活相談窓口ではありません)
担当:古田、礒貝
電話:052-961-2111
内線:5031、5032
ダイヤルイン:052-954-6165
E-mail: kenminseikatsu@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)