ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県民生活課 > 消費者トラブル情報<あいちクリオ通信 平成29年3月号>”今より安くなる!?”光回線に関する相談が著しく増加!

消費者トラブル情報<あいちクリオ通信 平成29年3月号>”今より安くなる!?”光回線に関する相談が著しく増加!

平成29年3月24日(金曜日)発表

-消費者トラブル情報- <あいちクリオ通信> 

 愛知県消費生活総合センター及び各消費生活相談室には、消費生活に関する様々な相談が寄せられています。

 この「-消費者トラブル情報- <あいちクリオ通信>」では、消費者被害の未然防止を図ることを目的にその時々の具体的な相談事例を紹介し、消費者トラブルに対する注意を喚起しています。

3月号の概要

”今より安くなる!?”光回線に関する相談が著しく増加!

~電気通信サービスの契約は、内容をしっかり確認しましょう~

 

・ 「『プロバイダを変更すれば今より安くなる。』と電話で勧められ、てっきり現在契約している業者の新しいサービスだと思い込み、手続きした。請求書を見たら、契約した覚えのない業者で、料金も高くなったのでやめたい。」、「『通信料金が今より安くなる。』と電話で勧誘されて、光回線の契約をしたが、申し込んでいないオプションがついていて料金が高くなった。やめたい。」等の相談が多く寄せられています。

・ 平成28年度(4月~1月)の愛知県及び市町村の消費生活センターに寄せられた相談のうち、光回線に関する相談は1,302件あり、前年同期の1,123件と比べて15.9%(179件)増加しています。平成27年2月に光回線の卸売りが開始されて以降、光回線に関する相談は著しく増加(平成25年度の約3倍)し、依然として増加傾向にあります。

・ 電気通信サービスは、光回線、携帯電話、ケーブルテレビ等の通信サービスや、プロバイダ等の独自サービスを始め、様々なサービスが組み合わされることが多く、契約内容が複雑です。「安くなる」と言われても、総額で本当に安くなるのか、不要なサービスが加わっていないか等、よく確認してから契約しましょう。契約トラブルに遭ったり、不審に思ったりした場合は、お近くの消費生活相談窓口に相談しましょう。

 消費者トラブル情報-<あいちクリオ通信 平成29年3月号>

 

  クリオ通信平成29年3月号 [PDFファイル/336KB]

 

問合せ

愛知県 県民生活部 県民生活課
消費生活相談グループ(消費生活相談窓口ではありません)
担当:古田、礒貝
電話:052-961-2111
内線:5031、5032
ダイヤルイン:052-954-6165
E-mail: kenminseikatsu@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)