ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県民生活課 > 浄水器の訪問販売を行う事業者に対する業務停止命令処分(12か月)

浄水器の訪問販売を行う事業者に対する業務停止命令処分(12か月)

浄水器の購入を勧誘していた訪問販売業者に業務停止命令処分を行いました

 新築マンションに入居したばかりの消費者を訪れて「給湯器のお手入れの方法を連絡しています」と告げ、「給水管は年に1回高圧洗浄で掃除しないと錆びる」「浄水器を取り付けると給湯器が長持ちする」などと事実でないことを告げて浄水器の購入を勧誘していた東京都台東区の浄水器等販売業者に対し、平成28年3月24日付けで特定商取引に関する法律(以下「法律」という。)に基づく12か月間の業務停止命令並びに県民の消費生活の安定及び向上に関する条例(以下「条例」という。)に基づく勧告を行いました。
今回の行政処分は、愛知県と東京都が同時に実施するものです。

1 事業者の概要

(1) 名  称 株式会社エグゼ
(2) 代 表 者 代表取締役 持田 誠人(もちだ まさと)
(3) 所 在 地
  本社(登記上):東京都台東区東上野3-15-2 第二国際ビル5階
  同(実際の事務所):同区上野6-16-22 上野TGビルB1階
  名古屋支店(契約書上):名古屋市西区上名古屋2-21-9 モンテーヌ3F
  同(実際の事務所):同区上名古屋2-21-3 マース本館ビル3F
(4) 資 本 金 100万円
(5) 設  立 平成22年4月22日
(6) 事業概要 浄水器の訪問販売
(7) 従業員数 22名(平成27年12月末現在)

2 取引の概要

株式会社エグゼ(以下「同社」という。)は、主に新築のマンションを訪問して浄水器の売買契約の締結について勧誘し、当該契約を締結していたものである。

3 業務停止命令の内容

法律第2条第1項に規定する訪問販売に関する業務のうち、同社が行う次の業務を、平成28年3月25日から平成29年3月24日までの12か月間停止すること。
(1) 訪問販売に係る売買契約の締結について勧誘すること。
(2) 訪問販売に係る売買契約の申込みを受けること。
(3) 訪問販売に係る売買契約を締結すること。

4 勧告の内容

販売目的の隠匿、重要事項の不実告知及び優良・有利の誤信を招く表現を行わないこと。(条例第13条第2項並びに条例施行規則第2条第1号、第4号及び第5号に該当)。

5 参考事項

同社と、平成25年4月22日に東京都から3か月の業務停止命令を受けた株式会社ライフラインとは、主な従業員、取引類型、取扱商品、違反行為等が共通していました。

6 愛知県内(県及び市町村)の相談受付件数(平成28年1月末現在)

平成27年度:18件 平成26年度:4件

7 愛知県の消費生活総合センター等への相談状況(平成28年1月末現在)

・受付件数
 平成27年度:9件 平成26年度:1件
・契約者年齢(平均 35.8歳 最低 22歳 最高 61歳)
 20代:3件 30代:5件 40代:1件 60代:1件
・契約金額
 平均 478,020円(最低300,000円、最高681,600円)

8 業務停止命令及び勧告の対象となる不当な取引行為の例

(1) 勧誘目的等の不明示(法律第3条)
 同社の営業員は、消費者に対し、勧誘に先立って、売買契約の締結について勧誘をする目的である旨及び勧誘する商品の種類(浄水器)を明らかにしていなかった。
(2) 不実告知(法律第6条第1項)
 同社の営業員は、浄水器売買契約の締結について勧誘するに際し、事実に反して、消費者に「給湯器のフィルタを月1回は掃除する必要があります。掃除をしないと配管が錆びて給湯器が駄目になります。給湯器の寿命も短くなります。」、「水道管は年に1回高圧洗浄で掃除しないと錆びてしまいます。」、「実はうちの浄水器を取り付けるだけで配管は錆びないんです。」、「本当は、家の中の水道管も業者に掃除してもらう方がいいんです。…うちが取り扱っている設備を付けてくれたらそういうことをしなくていいんですよ。」、「浄水器で水が浄化されれば、給湯器も長持ちします。」、「別の日にすると工事費が別途必要になります。」などと言っていた。
(3) 販売目的の隠匿(条例第13条第2項、条例施行規則第2条第1号)
 上記(1)の事実と同じ。
(4) 重要事項の不実告知(条例第13条第2項、条例施行規則第2条第4号)
 同社の営業員は、浄水器売買契約の締結について勧誘するに際し、事実に反して、消費者に「給湯器のフィルタを月一回は掃除する必要があります。掃除をしないと配管が錆びて給湯器が駄目になります。給湯器の寿命も短くなります。」、「水道管は年に1回高圧洗浄で掃除しないと錆びてしまいます。」などと言っていた。
(5) 優良・有利の誤信を招く表現(条例第13条第2項、条例施行規則第2条第5号)
 同社の営業員は、浄水器売買契約の締結について勧誘するに際し、事実に反して、消費者に「実はうちの浄水器を取り付けるだけで配管は錆びないんです。」、「本当は、家の中の水道管も業者に掃除してもらう方がいいんです。…うちが取り扱っている設備を付けてくれたらそういうことをしなくていいんですよ。」、「浄水器で水が浄化されれば、給湯器も長持ちします。」、「別の日にすると工事費が別途必要になります。」などと言っていた。

勧誘事例・関係法令

処分の内容に関するお問い合わせ

愛知県県民生活部県民生活課
事業者指導グループ(消費生活相談窓口ではありません。)
担当:佐藤・小椋
ダイヤルイン:052-954-6166

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)