ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 入札・契約・公売情報 > プロポーザル > ICT・IoTやAIを活用する「超スマート社会」対応方策検討調査の委託先を募集します
ホーム > 県政情報 > 募集 > その他募集 > ICT・IoTやAIを活用する「超スマート社会」対応方策検討調査の委託先を募集します
ホーム > 県政情報 > 情報通信(IT) > 情報化 > ICT・IoTやAIを活用する「超スマート社会」対応方策検討調査の委託先を募集します

ICT・IoTやAIを活用する「超スマート社会」対応方策検討調査の委託先を募集します

1 業務の目的

 国の「科学技術基本計画」や「科学技術白書」によると、コンピュータの処理能力の向上、ビッグデータ解析技術、人工知能等の発展により、モノと情報を組み合わせた新たなサービスが次々と生み出されようとしています。こうした技術の進展により、生産・流通・販売、交通、健康・医療、金融、公共サービス等の産業構造全体に大きな変革がもたらされるとともに、人々の働き方やライフスタイルの変化を伴いながら、年齢、性別、地域、言語といった様々な違いを乗り越え、あらゆる人が質の高いサービスを享受できる「超スマート社会」の到来が想定されています。
 こうした「超スマート社会」の到来により、少子高齢化やそれに伴う生産年齢人口の減少、グローバル化の進展など我が国をとりまく社会環境が大きく変化していく中で、従来のアプローチでは対応が難しい社会課題に対しても、新たな解決手法を見出していくことが期待できます。
 このような認識のもと、これからの「超スマート社会」に向けた展望や、産業構造、県民生活に与える影響等を整理・分析するとともに、社会課題の解決や地域活性化に向けた具体的な方策について、調査・検討を行います。

2 業務の概要

(1)業務の内容

・「超スマート社会」に向けた展望と本県に与える影響についての考察
・ICT・IoT、AI等を活用した社会課題の解決や地域活性化方策の検討
・「超スマート社会」を念頭に置いたモデル的な取組の検討
※詳細は、別添1の委託業務仕様書をご参照ください。

(2)委託の方法

 事業実施にあたっての企画提案を公募し、最も優れた企画提案者として選定された1者と業務仕様及び契約金額を委託金額限度額の範囲内で協議したうえで、委託契約を締結します。
 なお、協議が不調に終わった場合、次点の者と協議するものとします。

(3)委託金額限度額

 委託金額の上限は5,000,000円(消費税及び地方消費税込み)とします。

(4)委託契約期間

 契約締結の日から平成30年3月20日(火曜日)まで

3 応募方法等

(1)説明会の開催

 応募を希望される方を対象に、以下のとおり説明会を開催します。出席は応募の必須条件ではありませんが、応募を希望される方は可能な限り出席してください。
ア 開催日時
 平成29年5月24日(水曜日)14時から15時まで
イ 場所
 愛知県本庁舎地下1階 第2会議室
 (名古屋市中区三の丸三丁目1番2号)
ウ 参加申込方法
 参加申込は以下により電子メールで行ってください。
・申込期限:平成29年5月23日(火曜日)午前9時30分
・メールの見出しは「ICT・IoTやAIを活用する『超スマート社会』対応方策検討調査委託業務の説明会参加」としてください。
・本文中に次の1~3を記載してください。
1.貴社(団体)名
2.参加者氏名
3.連絡先(電話番号、メールアドレス)
・申込先:愛知県政策企画局企画課企画第一グループ
 電子メール:kikaku@pref.aichi.lg.jp

(2)企画提案書類の提出

 当業務の受託を希望される方は、「募集要項」を参照のうえ、必要書類をご提出ください。
ア 提出期限
 平成29年6月7日(水曜日)午後5時(必着)
イ 提出先
 愛知県 政策企画局 企画課 企画第一グループ

4 提案の審査・選定等

 提出された企画提案書について、企画課で形式審査を行った後、県が設置する審査委員会において審査を行い、選定します。
 審査の経過など、審査に関する問い合わせには応じられませんので、ご了承ください。

5 スケジュール(予定)

5月24日(水曜日) 説明会の開催
5月31日(水曜日) 質問書の提出期限
6月 2日(金曜日) 質問書に対する回答の公表
6月 7日(水曜日) 企画提案書の提出期限
6月14日(水曜日) プレゼンテーション等の実施(対象者のみ)
6月下旬   委託先の決定・契約

6 その他

 応募に当たっての詳細は、以下の資料をご確認ください。

関係書類一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)