ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 公園緑地課 > 屋外広告物の規制とは

屋外広告物の規制とは

屋外広告物の規制とは

 はり紙、はり札、立看板、広告板、壁面広告、屋上広告などの様々な屋外広告物は、 

日常生活に必要な情報を提供し、街に生き生きとした表情をもたらします。

 その反面、屋外広告物が無秩序に出されると、街の美観が損なわれたり、落下、倒壊など

による事故が起きることもあります。

 これらを防止するため、愛知県屋外広告物条例により、屋外広告物について、表示の仕

方や場所などにルールが定められています。

 ※愛知県屋外広告物条例は、名古屋市、豊橋市、岡崎市及び豊田市の区域には適用

  されません。 なお、これらの市の規制については、それぞれの市役所へお尋ねください。

  1. 屋外広告物の規制

  ○広告物等を出せない地域(禁止地域)

  ・第一種及び第二種低層住居専用地域 ・風致地区 ・特別緑地保全地区

  ・文化財の周囲50メートル以内の区域

  ・名勝、史跡、天然記念物として指定又は仮指定された地域 ・風致保安林

  ・原生自然環境保全地域等 ・都市公園の地域 ・知事が指定する公園等

  ・官公署、学校、図書館、博物館、体育館等の敷地

  ・古墳、墓地、火葬場、葬祭場の敷地

  ・高速自動車国道、自動車専用道路、新幹線鉄道の全区間

  ・知事が指定する道路及び鉄道等 

  ・道路及び鉄道等に接続する地域で、知事が指定する区域

 ○広告物等を出せない物件(禁止物件)

  ・橋りょう、トンネル、高架構造、分離帯  ・街路樹、路傍樹

  ・信号機、道路標識、道路上の柵その他これらに類するもの 

  ・電柱、街灯柱その他これらに類するもの(ただし、電柱広告、街灯柱広告の

   許可基準に適合する広告物等は表示等が可能です。)

  ・消火栓、火災報知器及び火のみやぐら

  ・郵便ポスト、電話ボックス、公衆便所及び路上変電塔 ・送電鉄塔及び送受信塔

  ・煙突、ガスタンク、水道タンクその他これらに類するもの

  ・銅像、神仏像、記念碑その他これらに類するもの

  ・景観法の規定により指定された景観重要建造物及び景観重要樹木

 ○許可が必要な地域(許可地域)

  ・市の区域の全部及び町村(人口5,000人以上)の市街化区域

  ・知事が指定する道路及び鉄道・道路及び鉄道等に接続する地域で、知事が指定

   する区域

  ・河川、池沼、峡谷、海浜、高原、山岳及びこれらの付近の地域で、知事が指定する区域

 ○規制の適用が除外される場合

  ・法令の規定により、表示・設置する場合

  ・国又は地方公共団体が公共目的をもって表示する場合

  ・自己の氏名等を自己の住所等に表示する場合など

 ○禁止広告物次のような広告物等は、禁止及び許可地域外であっても、または適用除外

  であっても出すことはできません。

  ・著しく汚染し、たい色、または塗料等のはく離したもの

  ・著しく破損し、または老朽したもの ・倒壊または落下のおそれのあるもの

  ・交通の安全を阻害するおそれのあるもの

2 許可の手続き屋外広告物の許可申請の受付は、各市町村がおこなっています。

 屋外広告物を掲出しようとするときは、各市町村役場の屋外広告物担当に相談して

 ください。

3 屋外広告業の登録

 ○ 愛知県内(名古屋市、豊橋市、岡崎市及び豊田市の区域を除く。)で屋外広告業を

  営もうとする方は、知事の登録を受けなければなりません。

   詳細は、屋外広告業の登録をご覧ください。

   また、営業所ごとに「講習会修了者」等の資格をもった業務主任者を置かなければいけ

  ません。

愛知県屋外広告物条例に関するパンフレット及びチラシ

問合せ

愛知県 建設部 公園緑地課

E-mail: koen@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)