ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 学習教育部高等学校教育課 > 愛知県立愛知総合工科高等学校専攻科の管理を行う指定管理法人を募集します!

愛知県立愛知総合工科高等学校専攻科の管理を行う指定管理法人を募集します!

愛知県立愛知総合工科高等学校専攻科の管理を行う指定管理法人を募集します!

 本県では、国家戦略特別区域法に基づき、県立愛知総合工科高等学校の専攻科の管理を民間に開放するいわゆる「公設民営化」することで、民間主導の学校運営の下、生産現場のニーズに対応した人材の育成を目指すこととしております。
 ついては、平成29年4月からの公設民営化の実施に向け、専攻科の管理を行う指定管理法人を募集します。
 なお、今回の公設民営化は、国家戦略特区の制度のうち、学校教育法等の特例を活用するもので、全国初の取組となります。

1 県立愛知総合工科高等学校専攻科の概要

(1)所在地  
名古屋市千種区星が丘山手107

(2)課程等
 
課程修業年限設置学科定員数
全日制2年産業システム科40名(1学年20名)
先端技術システム科40名(1学年20名)
(3)使命
 次世代自動車産業や航空宇宙産業などの生産現場でリーダーとなる知識等を有し、即戦力となる実践的で高度な技術・技能を習得した人材の育成を通じて、本県の産業振興、ひいては国際競争力の強化に寄与すること。

2 募集要項の配布

(1) 配布期間
 平成28年5月10日(火曜日)から7月11日(月曜日)までの午前9時から午後5時まで(土曜日及び日曜日を除く。) 
 ただし、平成28年5月10日(火曜日)は午前10時30分から。
(2) 配布場所
 愛知県教育委員会高等学校教育課公設民営学校準備グループ

3 現地説明会の開催

(1) 日時
 平成28年5月19日(木曜日)午後1時30分から午後3時30分まで
(2) 参加申込
 参加を希望する法人は、平成28年5月17日(火曜日)午後5時までに参加申込(募集要項様式6の提出)が必要です。
 なお、指定管理法人に申請する予定の法人は、原則として現地説明会に参加してください。
(3)申込先
 募集要項配布場所と同じ。
(4)申込方法
 郵送、FAX又は電子メールにて、お申し込みください。

4 申請書類の受付

(1) 受付期間
 平成28年7月4日(月曜日)から7月11日(月曜日)までの午前9時から午後5時まで(土曜日及び日曜日を除く。)
(2) 受付場所
 募集要項配布場所と同じ。
(3)提出方法
 申請書類は持参による提出のみとなります。

5 審査等

(1)審査
 愛知県立愛知総合工科高等学校専攻科指定管理法人選定委員会(外部有識者3名及び教育委員会職員2名の計5名で構成)による審査(7月下旬)
(2) 指定管理法人候補法人の選定
 愛知県議会に諮るための指定管理法人候補法人を選定(8月上旬)
(3) 指定管理法人の指定
 愛知県議会での議決を経て指定管理法人を指定(10月中旬)

6 問い合わせ先

愛知県教育委員会高等学校教育課公設民営学校準備グループ
〒460-8534 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号 愛知県西庁舎9階
電話:052-954-6806
FAX :052-961-4864
電子メール:kotogakko@pref.aichi.lg.jp

7 募集要項及び業務仕様書

募集内容の概要

1 公設民営化の趣旨

○ 専攻科の目的である「生産現場のリーダーとなる人材の育成」を、より高いレベルで達成するためには、民間知見を有した人材から、生徒が常に直接指導を受けることができる教育環境を整備することが必須である。
○ 公設民営化することにより、通常の地方公務員制度では困難であった多様な雇用形態や柔軟な給与の設定が可能となり、ものづくりの現場等で活躍する人材をより積極的に登用できるようになる。
○ また、ものづくりの現場等の知見をもった人材を登用することで、技術革新が頻繁な生産現場の動向・ニーズに具体的かつ迅速に対応した教育が可能となる。

2 指定期間

平成29年4月1日から平成34年3月31日までの5年間

3 申請資格

国家戦略特別区域法第12条の3第1項の規定により、今回の公募に申請することができる法人は、以下のとおりです。
 (1)私立学校法第3条に規定する学校法人
 (2)私立学校法第64条第4項の規定により設立された法人
 (3)一般社団法人(公益社団法人を含む)
 (4)一般財団法人(公益財団法人を含む)
 (5)特定非営利活動促進法第2条第2項に規定する特定非営利活動法人

4 指定管理法人が行う業務

専攻科の管理に関する業務全般であり、主な業務は次のとおりです。
 (1)教員・事務職員の確保及び配置
 (2)施設・実習機器等の維持管理
 (3)教育活動(専攻科運営)
  ・入学者選抜の実施
  ・教育課程の作成
  ・インターンシップやデュアルシステム(長期現場実習)など校外学習の実施
  ・企業や大学との連携強化
  ・生徒指導、進路指導
  ・学校行事の計画・実施 等

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)