ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 航空対策課 > あいち航空ミュージアムとシアトル航空博物館との博物館協力協定の締結について

あいち航空ミュージアムとシアトル航空博物館との博物館協力協定の締結について

 あいち航空ミュージアム(平成29年11月30日オープン予定)と、シアトル航空博物館「The Museum of Flight」(米国ワシントン州)は、博物館の運営、教育プログラム等の分野で相互に協力していくための協定を締結します。
 なお、11月30日(木曜日)のあいち航空ミュージアムのオープニング記念式典において協定を締結します。

1 協定書の締結

 あいち航空ミュージアムオープニング記念式典(平成29年11月30日(木曜日)午前9時30分から)において実施予定
《締結者》
・あいち航空ミュージアム館長
 東京大学大学院工学研究科教授 鈴木 真二(すずき しんじ) 
・シアトル航空博物館「The Museum of Flight」シニアマネージャー Ted Huetter(テッド・ハッター)
《立会人》
・愛知県知事 大村 秀章

2 協定書の内容

 両館及び両地域の発展のため、以下の項目からなる協力協定を締結
 (1)ミュージアムの運営面におけるアイデアや最善策を共有するための相互協力
 (2)航空機産業を担う人材育成に関する情報及びアイデアの交換
 (3)ミュージアムの運営に関する技術面及び展示手法におけるアイデアの共有
 (4)両館の運営団体及び各コミュニティに貢献できるようにするための方法に関する定期的な議論
《参考》シアトル航空博物館(The Museum of Flight)について
 シアトル、ボーイングフィールド空港の敷地内にある航空博物館で、170機を超える実物大の航空機、ヘリコプター、宇宙船を所蔵するほか、航空機分野に関する教育プログラムを実施。