ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 航空対策課 > 県営名古屋空港「空の日」・「空の旬間」記念事業の参加者募集します

県営名古屋空港「空の日」・「空の旬間」記念事業の参加者募集します

県営名古屋空港「空の日」・「空の旬間」記念事業「魅せるがね!あいちの翼」の参加者を募集します

「空の日」・「空の旬間」の記念事業として、県営名古屋空港において開催するイベントの参加者を募集します。

事業の概要

〇開催日:平成30年1月27日(土曜日)

〇場所:県営名古屋空港(西春日井郡豊山町豊場)滑走路、エプロン他、あいち航空ミュージアム(1階航空メッセプラザ:無料区域)、エアポートウォーク名古屋(3階イベントステージ)     

〇主催:県営名古屋空港「空の日」・「空の旬間」記念事業実行委員会

募集の内容

コース1 飛行機と綱引き 「飛行機と力くらべ、引っ張って動くかな!」
時間:10時00分~11時00分
定員:40名(小学生とその保護者1組4名まで)
内容:空港内で飛行機(FDAジェット旅客機を予定)と綱引きします。

コース2 滑走路ウォーク 「飛行機が離着陸する滑走路を歩こう!」
時間:11時30分~12時30分
定員:160名(小学生又は中学生とその保護者1組4名まで)
内容:普段は絶対に入れない滑走路(一部)を歩きます。

コース3 空港内バスツアー 「ガイドが空港内をまるごと案内!」
時間:第1便  13時00分~14時00分
    第2便 14時00分~15時00分
    第3便 15時00分~16時00分
定員:各便40名(小学生又は中学生とその保護者1組4名まで)
内容:空港内をバスで移動しながら、普段は近くで見ることができない空港の内側をガイドが案内します。

応募方法

コースごとに1枚の往復はがきに次の事項を御記入うえ、申込みください。(申込多数の場合は抽選で参加者を決定します。)

<往信用はがき裏面>

参加希望コース番号(コース3「空港内バスツアー」は便名も選択)、住所、電話番号、小学生又は中学生(ただし、コース1「飛行機と綱引き」は小学生のみ)と保護者の1組4名までの全員の氏名・年齢・小中学生については学年

<返信用はがき表面>

申込者の郵便番号、住所、氏名

往復はがきの書き方1往復はがきの書き方2

応募締切

平成29年12月25日(月曜日)(必着)

注意事項

*1枚の往復はがきで、複数のコースまたは便に応募することはできません。

*子供のみ、または保護者のみで応募することはできません。

*集合時刻・場所等、イベント当日の詳細については、当選通知にて御連絡します。

*抽選結果は、返信はがきにより1月上旬の発送を予定しています。

*天候その他の事情により、イベントの中止、実施時間変更等をすることがあります。

航空機の運航状況などにより、実施の直前や実施中においても、イベントを中止・変更することがありますので御了承ください。

申込み・問合せ先

〒480-0202 愛知県西春日井郡豊山町大字豊場 愛知県名古屋空港事務所内

県営名古屋空港「空の日」・「空の旬間」記念事業事務局

電話0568-29-1603、1604

※「空の日」・「空の旬間」記念事業に参加を申込みされた皆様に御提供いただいた個人情報については、個人情報保護に関する法律及び関連法令を遵守し、県営名古屋空港「空の日」・「空の旬間」記念事業実行委員会が適切に管理いたします。本目的以外の利用はいたしません。

その他のイベント

当日は、事前申込みなしで楽しめるイベントも多数あります。是非、県営名古屋空港にお越しください。

屋外イベント(あいち航空ミュージアム隣接)

・飛行機やヘリコプターの展示

・消防ヘリコプターの訓練実演

屋内イベント(あいち航空ミュージアム1階航空メッセプラザ:無料区域)

・地元小学校による吹奏楽演奏や合唱

・航空少年団紙飛行機教室

・運航者のPRブース

屋内イベント(エアポートウォーク名古屋)

・「空の日」記念就航地PRイベント

・就航地のPRブース

その他のイベント

・スタンプラリー

時間、場所等の詳細については、決定次第、県航空対策課Webページ等でお知らせいたします。

県営名古屋空港からのお願い

空港へお越しの際は、便利でスムーズな公共交通機関をご利用ください。

県営名古屋空港「空の日」・「空の旬間」記者発表資料

県営名古屋空港「空の日」・「空の旬間」 チラシ

問合せ

愛知県振興部航空対策課空港運営グループ
(県営名古屋空港「空の日」・「空の旬間」記念事業実行委員会事務局)
担当:森、都築
〒480-0202 愛知県西春日井郡豊山町大字豊場名古屋空港事務所 Tel:0568-29-1603、1604

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)