ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 港湾課 > 豊田自動織機 海陽ヨットハーバーのネーミングライツ契約の更新について

豊田自動織機 海陽ヨットハーバーのネーミングライツ契約の更新について

平成29年3月21日(火曜日)

 

  • 海陽ヨットハーバーのネーミングライツについては、株式会社豊田自動織機をネーミングライツパートナー(スポンサー企業)として、平成26年度から平成28年度までの3年間のネーミングライツ契約を行ってきました。
  • 今年度末に現契約期間が終了することを受け、本日、株式会社豊田自動織機と更新契約を締結しましたのでお知らせします。

 

海陽ヨットハーバーのネーミングライツの更新契約概要
パートナー

名称 : 株式会社豊田自動織機

所在地 :刈谷市豊田町2-1

代表者 :取締役社長  大西 朗

事業内容 :繊維機械、自動車、産業車両等の製造・販売及び物流事業等

愛称

豊田自動織機 海陽ヨットハーバー (これまでと同様)

(英語表記 「TOYOTA INDUSTRIES KAIYOH YACHT HARBOR」)

期間平成29年4月1日から平成32年3月31日まで(3年間)
ネーミングライツ料年額 270万円(消費税及び地方消費税込み)
  • ネーミングライツ料はこれまでと同額の年間270万円(税込)、契約期間は平成29年度から31年度までの3年間で、契約金額の総額は810万円です。
  • なお、パートナーからお支払いいただくネーミングライツライツ料は、これまでと同様に海陽ヨットハーバーの整備や管理運営に役立てていきます。
  豊田自動織機 海陽ヨットハーバーの概要
 平成5年に供用開始した、ディンギー型ヨットを中心にとした県営ヨットハーバー。平成29年10月に開催されるセーリングワールドカップ愛知・蒲郡大会に向けて、ヨットハーバーの施設整備を進めている。指定管理者は公益財団法人愛知県都市整備協会。
○所在地 : 蒲郡市海陽町一丁目7番地
○利用者数 : 7,698人(平成27年度)

問合せ

愛知県建設部港湾課
経営グループ
担当 西村・林
内線 2761・2768
ダイヤルイン 052-954-6562
メール kowan@pref.aichi.lg.jp

港湾課トップページへ