ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 管理部教職員課 > 旧免許状(平成21年3月以前に授与された教員免許状)所持者で現在教員でない方

旧免許状(平成21年3月以前に授与された教員免許状)所持者で現在教員でない方

 旧免許状とは平成21年3月31日以前に授与された有効期間の記載のない普通免許状又は特別免許状のことで、1枚でも旧免許状を持っている人のことを旧免許状所持者といいます。旧免許状所持者は平成21年4月1日以降に新たに免許状を取得しても有効期間の記載のない旧免許状が発行されることとなります。

 旧免許状所持者は、生年月日に応じて修了確認期限が定められています。修了確認期限の前であれば、いつでも教職に就くことは可能です。(修了確認期限は文部科学省「修了確認期限をチェック」のページで調べることができます。)

 旧免許状を有していても、教職に就いていなければ、免許状更新講習を受講する義務はありません。そのため、教職に就いていない場合、修了確認期限が経過しても、お持ちの免許状は失効しません。しかしながら、修了確認期限経過後に教職に就く際には、それまでに免許状更新講習を受講・修了し、お住まいの都道府県教育委員会に申請していただく必要があります。

 ※修了確認期限時点で教職に就いていて、かつ更新講習を受講・修了及び申請をしなかった場合は、教員免許状は失効となりますのでご注意ください。

 

文部科学省「教員免許更新制」のページに制度の概要が掲載されています。

その中に「現在教員として勤務していない教員免許状所持者の方々へ」のページもありますので参考としてください。

修了確認期限経過後に教職に就くには

 修了確認期限経過後に教職に就くためには、その前までに免許状更新講習を受講・修了し、お住まいの都道府県教育委員会に申請しなくてはいけません。申請後、都道府県教育委員会の確認を受けた日から再度教職に就くことができるようになります。次回の修了確認期限は確認を受けた日の翌日から起算して10年を経過する日の属する年度の末日となります。

 したがって、教職に就く1、2年ほど前から計画的に講習を受け申請の準備をしていただく必要があります。

 修了確認期限経過後に教職に就く場合、いつでも更新講習の受講は可能ですが、申請の際には申請前2年2月以内に受講した更新講習修了(履修)証明書のみが有効となりますのでご注意ください。(ただし、申請後の手続きに時間がかかることもありますので、できるだけ早めに申請してください。)

 

免許状更新講習について

内容

 表の内訳どおり計30時間以上(必修+選択必修+選択)の受講が必要となります。
免許状更新講習の枠組み
領域時間数備考
必修6時間以上 
選択必修6時間以上 
選択18時間以上教諭の場合は教諭用、養護教諭の場合は養護教諭用、栄養教諭の場合は栄養教諭用等、所持する免許状に合った講習を受講することが必要です。

改正前の「必須領域(12時間以上)」が、改正後は「必修(6時間以上)」と「選択必修(6時間以上)」になりました。

 講座は全国の大学等で開設されており、出身大学以外や在住する都道府県以外の大学等で受講することも可能です。
 各領域ごとに必要時間数以上となるように複数の大学等で受講することも可能です。

受講することができる方

  1. かつて幼稚園・学校等で教員(常勤・非常勤講師等を含む)として勤務していた方
  2. 教員としての勤務経験はないが、今後勤務する予定(講師登録をしている等)の方

申込方法

 免許状更新講習は現職教員を対象としていることから長期休業期間中(特に夏季休業中)や土曜日、日曜日、祝日及び夜間に開設されます。また通信やインターネットで受講できるものもあります。

 文部科学省「講習開設情報」のページや「愛知県内で開催される免許状更新講習」のページを参考に各自で講習を選択し、開設者へ直接申込みをしてください。

 開設者へ申込みを行う際には受講対象者であることの証明が必要となります。

 「受講することができる方」の1に該当する方は過去の勤務先所属長、2に該当する方は講師登録等を行った登録先にて証明をしてもらうこととなります。

更新講習修了後の申請方法について

 更新講習修了後は、お住まいの都道府県教育委員会に申請していただく必要があります。

 愛知県にお住まいの方は愛知県教育委員会に申請してください。(郵送不可)

  「申請・相談窓口」のページ

 申請に必要な書類については、「免許管理者(愛知県教育委員会)への申請方法等:旧免許所持者用」のページからダウンロードできます。記載要領や記入例を確認の上、ご準備ください。必要な書類の例を表にまとめましたのでご活用ください。

申請に必要な書類(例)
提出物注意事項
申請用紙修了確認期限前:様式第11の5 更新講習修了確認申請書
修了確認期限後:様式第11の6 修了確認期限経過後の更新講習修了確認申請書
「免許管理者(愛知県教育委員会)への申請方法等:旧免所持者用」のページから印刷できます。
※手数料として愛知県収入証紙3,000円分を貼付してください。(県庁内で購入可。)
免許状の写し所持する全ての免許状のコピーが必要です。
※免許状を紛失した場合は免許状発行元の都道府県教育委員会から「教育職員免許状授与証明書」を取り寄せる必要があります。ただし、愛知県発行の免許状を紛失した場合は「免許状紛失届」(「免許管理者(愛知県教育委員会)への申請方法等:旧免許所持者用」のページから印刷できます。)で代えることができます。
更新講習修了(履修)証明書30時間(必修6時間以上、選択必修6時間以上、選択18時間以上)分の証明書の原本(コピー不可)
※申請前2年以内に受講したものであることを確認してください。
戸籍抄本又は謄本現在の氏名・本籍地が免許状記載の氏名・本籍地と異なる場合、それらがつながるような戸籍抄本等が必要です。異動が何回かある場合は、その異動があきらかになる書類が追加で必要になる場合もあります。
返信用封筒角形2号の封筒にあて名を記載し、450円の切手を貼ったものをご用意ください。

よくある質問

 問い合わせの多い事例をQ&A形式でまとめましたのでご活用ください。

旧免許状所持者で現在教職に就いていない方からよくある質問

問合せ

愛知県 教育委員会事務局 教職員課 人事企画・教員免許グループ
電話 052-954-6772(ダイヤルイン)
E-mail: kyosyokuin@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)