ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 管理部教職員課 > 平成30年度愛知県公立学校教員採用選考試験について

平成30年度愛知県公立学校教員採用選考試験について

平成30年度愛知県公立学校教員採用選考試験について ~5月1日(月曜日)から願書の受付を開始します~

平成29年4月25日(火曜日)発表 

    学校教育の充実に向けて、豊かな専門的知識と技能を備え、児童・生徒への愛情と教育への情熱・使命感を持つ教員を募集します。

1 採用予定者数

採用予定者数
 受験区分

 平成30年度

(29年実施)

 平成29年度

(28年実施)

 対前年度増減
 小学校教諭 約700人 約700人 0人
 中学校教諭 約300人 約300人 0人
 高等学校教諭 約280人 約300人 ▲20人
 特別支援学校教諭 約130人 約120人 10人
 養護教諭※ 約50人 約40人10人
 栄養教諭 約20人 約10人 10人
 合計 約1,480人 約1,470人 10人
※ 小中学校  約40人、県立学校  約10人

2 多様な選考方法等の実施

(1) 教職経験のある優れた人材を求め、「元教諭・講師経験者特別選考」(21年度採用選考試験から実施) 、「現職教諭特別選考」(19年度採用選考試験から実施)及び介護を理由に退職をした人を対象とした、「介護理由退職者特別選考」(25年度採用選考試験から実施)を引き続き実施します。

(2) 教員としての資質や情熱を備えた人材、教育の専門性が高い人材の確保のため「大学推薦特別選考」(26年度採用選考試験から実施)と「教職大学院修了見込者特別選考」(26年度採用選考試験から実施)を引き続き実施します。

(3) 秀でた技能や実績、豊富な経験を有する人材を確保するために、「芸術(音楽・美術)・スポーツ特別選考」(22年度採用選考試験から実施)を、また、生徒のコミュニケーション能力を育成し視野を世界に広げるために、「英語有資格者特別選考」(22年度採用選考試験から実施)を引き続き実施します。

(4) 民間企業での経験や特定の分野における優れた知識・技能を有する人の様々な社会体験を評価する「社会人特別選考」及び外国人児童生徒教育の充実を図るための「外国語(ポルトガル語、スペイン語、中国語)堪能者選考」(20年度採用選考試験から実施)にフィリピノ語(タガログ語)を追加して実施します。

(5) 特別支援教育の専門性が高い人材を求め、「特別支援教育に関する特別選考」(27年度採用選考試験から実施)を引き続き実施します。

(6) 「障害者選考」(15年度採用選考試験から実施)及び「障害者大学推薦特別選考」(25年度採用試験から実施)を実施し、障害者の雇用の拡大に引き続き積極的に努めます。

(7) 小学校における英語教育の充実を目指し、英語に堪能な人材を確保するために、「小学校英語特別選考」(29年度採用選考試験から実施)を引き続き実施します。

3 願書の受付等

(1) 受験案内の配布         平成29年4月27日(木曜日)~

 愛知県県民相談・情報センター、県民相談室(県内3カ所)、海部県民センター、知多県民センター、新城設楽振興事務所、教育事務所(県内7カ所)、愛知県教育・スポーツ振興財団、愛知県東京事務所及び県教育委員会教職員課で配布します。

(2) 願書受付期間            平成29年5月1日(月曜日)~5月17日(水曜日)

(3) 試験日  第1次試験    平成29年7月22日(土曜日)

          第2次試験    平成29年8月22日(火曜日)・23日(水曜日)

(4) 出願の方法        郵送に限ります

4 主な変更点(参考)

主な変更点(参考)
項目内容
 採用教科(科目) 対象教科に高等学校教諭の美術、工業(セラミック)、水産(情報通信)を追加した。
 対象教科の高等学校教諭の音楽、工業(建築、土木、化学工業、デザイン)、看護を停止した。
 実技試験  「高等学校教諭・家庭」の受験区分・教科について、実技試験を追加した。
 外国語堪能者選考 従来からのポルトガル語、スペイン語、中国語に加えてフィリピノ語(タガログ語)を追加した。
 特別支援学校教諭の受験資格の一部変更 特別支援学校教諭の受験区分において、特別支援学校教諭等免許状を所有又は取得見込でない場合は、当該免許状の取得に必要な所定の単位を採用後3年を目処に取得し、速やかに当該免許状取得の申請をすることとした。
 平成31年度教員採用選考試験(平成30年実施)の「特別支援教育に関する特別選考」の実施内容を変更 特別支援学校教諭の受験区分において、平成31年度教員採用選考試験(平成30年実施)は、1次試験で実施している論文試験に代えて一般選考と同じ筆記試験を課し、その上で1次試験の成績に加味する方式とする。
 平成33年度教員採用選考試験(平成32年実施)より特別支援学校教諭の受験資格を変更 特別支援学校教諭の受験区分において、平成33年度教員採用選考試験(平成32年実施)より、特別支援学校教諭等免許状を所有又は取得見込を受験資格とする。

5 受験説明会の開催

  • 広島会場(広島市) 4月29日(土曜日) 午後2時30分~ 広島市東区民文化センター
  • 愛知会場(江南市) 4月30日(日曜日) 午後2時30分~ 江南市民文化会館
  • 愛知会場(蒲郡市) 4月30日(日曜日) 午後2時30分~ 蒲郡市民会館
  • 関東会場(川崎市) 5月  3日(水曜日) 午後2時00分~ 川崎市産業振興会館
  • 関西会場(摂津市) 5月  3日(水曜日) 午後2時00分~ 摂津市民文化ホール
  • 愛知会場(刈谷市) 5月  4日(木曜日) 午後2時30分~ 刈谷市総合文化センター
  • 静岡会場(静岡市) 5月  4日(木曜日) 午後2時00分~ グランシップ

問合せ

愛知県 教育委員会 教職員課
県立学校人事グループ
小中学校人事グループ
担当:鶴田(県立)・圡方(小中)
電話:052-954-6769(県立)
    052-954-6770(小中)
E-mail: kyosyokuin@pref.aichi.lg.jp