ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 管理部教職員課 > 平成30年度愛知県公立学校教員採用選考試験の志願状況について

平成30年度愛知県公立学校教員採用選考試験の志願状況について

平成29年5月30日(火曜日)発表

平成30年度愛知県公立学校教員採用選考試験の志願状況について

1 志願状況

2 志願状況の特徴

(1) 総志願者は7,788人で、前年度比377人減

 小学校教諭は前年度比38人減、中学校教諭は前年度比185人減、高等学校教諭は前年度比130人減、特別支援学校教諭は前年度比27人減であった。
 また、栄養教諭は前年度比15人増であったが、養護教諭(小中)は前年度比14人減、養護教諭(県立)は、前年度比2人増であった。

(2) 元教諭・講師経験者特別選考志願者912人、現職教諭特別選考志願者124人

 元教諭・講師経験者特別選考と現職教諭特別選考には合計で1,036人(前年度比92人増)の教職経験豊富な人材が集まった。

(3) 芸術(音楽・美術)・スポーツ特別選考志願者62人

 芸術(音楽・美術)・スポーツ特別選考については、志願者は62人(前年度比1人減)であった。秀でた技能や実績、多彩で豊富な経験を有する人材が集まった。

(4) 社会人特別選考志願者27人

 社会経験を活かし、学校の活性化を図るために導入された社会人特別選考には、27人(前年度比14人減)の志願者があった。受験区分別では、小学校7人、中学校11人、高等学校9人であった。

(5) 小学校英語特別選考志願者130人

 昨年度から導入した小学校英語特別選考には、130人(前年度比9人増)の志願者があった。

(6) 教職大学院修了見込者特別選考志願者12人

 教職大学院修了見込者特別選考には、12人(前年度比4人減)の志願者があった。受験区分別では、小学校教諭6人、高等学校教諭6人であった。

(7) 特別支援教育に関する特別選考志願者221人

 特別支援教育に関する特別選考には、221人(前年度比19人減)の志願者があった。受験区分別では、志願者は、小学校教諭66人、中学校教諭7人、特別支援学校教諭148人であった

(8) 大学推薦特別選考志願者39人

  「中学校教諭・数学」「中学校教諭・理科」「中学校教諭・技術」「高等学校教諭・数学」「高等学校教諭・理科」「高等学校教諭・工業」「特別支援学校教諭・数学」「特別支援学校教諭・理科」「特別支援学校教諭・技術」「特別支援学校教諭・工業(機械)」において実施する大学推薦特別選考には、39人(前年度比10人減)の志願者があった。受験区分別では、中学校教諭20人、高等学校教諭19人であった。

(9) 障害者選考志願者15人

 障害者大学推薦特別選考1人(高等学校教諭)を含めて、障害者選考志願者は、15人(前年度比2人増)であった。受験区分別では、小学校教諭2人、高等学校教諭4人、特別支援学校教諭9人であった。

 

問合せ

愛知県 教育委員会事務局 教職員課
県立学校人事グループ
小中学校人事グループ
担当:鶴田(県立)・圡方(小中)
電話:052-954-6769(県立)
     052-954-6770(小中)
E-mail: kyosyokuin@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)