ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > 平成22年愛知県地盤沈下調査結果について

平成22年愛知県地盤沈下調査結果について

平成23年8月31日(水曜日)発表

概要

 尾張・名古屋市地域及び東三河地域において水準測量を実施し、このうち愛知県実施分の測量延長は366キロメートルです。

 県内の地盤沈下は、全般的に見て、地下水揚水量の減少に伴う地下水位の上昇により概ね沈静化の傾向にあります。

  • 尾張・名古屋市地域

前回平成21年の測量結果と比較し、1年間で1センチメートル以上沈下した水準点はありませんでした。

  • 東三河地域

前回平成18年の測量結果と比較し、1年当たりで1センチメートル以上沈下した水準点はありませんでした。

(今後の対応) 

 県内の地盤沈下は概ね沈静化の傾向にありますが、渇水時には雨水等の地下への涵養量が減少するとともに揚水量が増加し、地下水位が急激に低下することにより、広範囲な地盤沈下が生じる可能性が依然としてあります。地盤沈下が発生すると、水害等の潜在的な危険度が高まることから、引き続き地盤沈下・地下水位の監視、地下水の揚水規制等を実施し、地盤沈下の防止に努めていきます。

平成22年 地盤沈下調査結果

問合せ

愛知県 環境部 水地盤環境課
地盤沈下対策グループ
担当:岩田、畔栁
電話:052-954-6223
E-mail: mizu@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)