ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > 三河湾里海再生プログラム

三河湾里海再生プログラム

愛知県の三河湾里海再生に向けた取組(三河湾里海再生プログラム)

1 はじめに

  三河湾は古くから豊かな海の恵みをもたらしてくれる「里海」であり、全国有数の優れた漁場として水産業を支え、観光やレクリエーションの場としても親しまれ、私たちの生活に密着したものでした。
 今でも私たちに海の恵みをもたらしてくれているものの、戦後の経済発展に伴い、埋立等により干潟 ・浅場 ・藻場 の多くが失われ、陸域で発生する汚濁の流入負荷の増大も相まって、水質の悪化、赤潮 や苦潮 の発生など環境の悪化が生じています。
 これまで流入負荷の削減など各種対策を講じてきましたが、環境の改善は十分には進んでいません。
 こうしたことから、愛知県では部局横断的な三河湾里海再生推進特別チームを設置し、2008(H20)年度から2010(H22)年度までの3年間にわたり、三河湾の里海としての再生に向けた取組を検討し、平成23年3月、今後取り組むべき施策を「三河湾里海再生プログラム」として取りまとめました。

2 三河湾里海再生の目指すべき姿

  • 水質環境基準の達成を目標とした「きれいな海」
  • 里海という概念を踏まえ、生物多様性に富み、魚介類が豊富に生息する「豊かな海」
  • 住民に親しみを持って利用してもらえる「親しめる海」

三河湾里海再生推進特別チームでの検討内容

  1. 水質環境の悪化、干潟や藻場の減少など三河湾が抱える課題の抽出を行いました。
  2. 陸域における流入負荷削減対策や海域における環境改善事業など、海域環境改善のための既存施策について、数値シミュレーションにより改善効果を評価しました。
    ・ 「きれいな海」に関わる水質改善のためには、流入負荷削減と干潟・浅場造成が効果的であること
    ・ 「豊かな海」に関わる生物の回復や円滑な物質循環の実現のためには、干潟・浅場造成が効果的であること
  3. 上記1、2の検討結果を踏まえ、三河湾の里海としての再生に向けて今後実施すべき主要施策として、干潟・浅場造成を位置付けました。
  4. 実際に干潟・浅場を造成した場合の改善効果について、造成規模・場所を設定し、数値シミュレーションにより評価を行いました。計算の結果、干潟・浅場造成により水質、生物回復等に一定の改善効果が認められました。
  5. 関連施策として、干潟・浅場の造成形状及び施工方法、大規模泊地など局所的に環境が悪化している水域についての改善施策についても検討を行いました。

4 三河湾里海再生プログラム

 「三河湾里海再生プログラム」の各項目は次のとおりです。詳細は添付ファイルをご覧ください。

(1) 主要施策
 ア 干潟・浅場の造成
 イ 干潟・浅場及び海域のモニタリング
 ウ 干潟・浅場・藻場の保全活動の支援
 エ 干潟・浅場等を通じた里海に関する啓発

(2) 関連施策
 ア 深掘跡の埋め戻し、浚渫及び覆砂
 イ 局所的環境悪化水域の環境修復
 ウ 水質総量削減制度に基づく汚濁負荷削減対策

(3) 他組織との連携

三河湾里海再生プログラム[概要版]

問合せ

愛知県
環境部水地盤環境課
調査・計画グループ
 電話:052-954-6220
 E-mail:mizu@pref.aichi.lg.jp
農林水産部水産課
企画・経営グループ
 電話:052-954-6458
 E-mail:suisan@pref.aichi.lg.jp
建設部港湾課
企画・港湾グループ
 電話:052-954-6614
 E-mail:kowan@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)