ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > 生活排水を考える 浄化槽とは

生活排水を考える 浄化槽とは

生活排水処理施設としての浄化槽

 生活排水を処理する施設は下水道、浄化槽などがあり、人口密度など地域の特性にあわせて整備されています。愛知県では「全県域汚水適正処理構想」に基づき、生活排水処理施設を計画的・効率的に整備しています。

 浄化槽は、各家庭や店舗、事業所などが設置する個別処理施設です。

主な生活排水処理施設

主な生活排水処理施設

浄化槽とは

浄化槽くん

暮らしを支える浄化槽

 浄化槽には、大きくわけて単独処理浄化槽合併処理浄化槽があります。

 衛生的な生活環境を実現するため、高度成長期からトイレの水洗化を目的とした単独処理浄化槽の普及が急速に進み、愛知県でも、多くの方が設置しました。しかし、単独処理浄化槽はし尿のみを処理し、生活雑排水(台所や洗濯、風呂などの排水)は未処理のまま流してしまうため、身近な水路や川、海などのよごれの原因となってしまいます。

 水環境を守るため、浄化槽法では、平成12年6月2日の改正(平成13年4月1日施行)で、合併処理浄化槽のみを浄化槽とし、平成13年度から新たに設置される浄化槽は、原則として合併処理浄化槽のみとし、すでに設置されている単独処理浄化槽は合併処理浄化槽への転換に努めるものとされました。

合併処理浄化槽と単独処理浄化槽の違い

 単独処理浄化槽は、し尿のみを処理するもので、生活雑排水(台所、洗濯、風呂などの排水)は処理されないまま川などへ流されます。

単独処理浄化槽

単独処理浄化槽

 合併処理浄化槽は、し尿だけでなく、生活雑排水(台所や洗濯、風呂などの排水)の両方を処理するため、し尿だけを処理する単独処理浄化槽と比べて、生活排水のよごれを大幅に少なくすることができます。

合併処理浄化槽

合併処理浄化槽

合併処理浄化槽と単独処理浄化槽の違い

合併処理浄化槽と単独処理浄化槽の違い

合併処理浄化槽の利点

  • 生活排水の汚れを10分の1にへらすことができ、きちんと維持管理をすれば、下水処理場と同程度の処理が可能です。
  • 一週間程度で、どこにでも設置することができます。
  • 建物や使用する人の人数などに合わせて設置することができます。
  • 設置費用の補助制度や融資制度があります。

  *浄化槽を新設する皆様へ* 

   法定検査の申し込みが必要となります。

   詳しくはこちらのページをご覧ください。

  *浄化槽を設置している皆様へ*

   ご利用の浄化槽に変更等がありましたら届出が必要となります。

   詳しくはこちらのページをご覧ください。

浄化のしくみ

 合併処理浄化槽の主な処理方式には、BOD除去型と高度処理型があります。いずれも、微生物のはたらきで、水のよごれをきれいにしていますが、高度処理型は、赤潮などの原因となる窒素などを除去することができます。
高度処理型脱窒ろ床接触ばっ気方式

高度処理型脱窒ろ床接触ばっ気方式

浄化の主役は微生物!

 浄化槽では、いろいろな種類の微生物がはたらいています。微生物たちは、台所やトイレ、風呂など排水に含まれるよごれを分解することで、水をきれいにしてくれます。

 微生物には、酸素の多い場所ではたらくもの(好気性)と、酸素の少ない場所ではたらくもの(嫌気性)の2種類があります。好気性微生物は、よごれを分解する際に酸素を使うためよごれを分解するスピードが速く、嫌気性微生物は、酸素を使わないため分解するスピードが遅いという特徴があります。

 浄化槽では、それぞれの微生物の特徴を活かして、水をきれいにしています。浄化槽がうまく機能するためには、適正に維持管理をして、微生物たちがはたらきやすい環境を整える必要があります。

 維持管理の詳細についてはこちらをご覧ください。

好気性微生物と嫌気性微生物のイメージ

好気性微生物と嫌気性微生物のイメージ

問合せ

愛知県環境部水地盤環境課
調整・生活排水グループ
TEL 052-954-6219
FAX 052-961-4025
E-mail mizu@pref.aichi.lg.jp