ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

浄化槽の維持管理

浄化槽には維持管理が必要です

維持管理の種類

浄化槽の維持管理

「清掃」「保守点検」「法定検査」で適正な維持管理を!

 浄化槽はし尿や生活雑排水をきれいにし、水環境の保全に大きな役割を果たしていますが、微生物の働きを利用しているため、維持管理を行わないと機能が低下し、水質汚濁の原因となってしまいます。そのため、浄化槽管理者(※)には、清掃、保守点検、法定検査の維持管理を行うよう法律で義務付けられています。大切な水環境を守るため、浄化槽の正しい維持管理を実施しましょう。

 ※浄化槽管理者とは・・・

 浄化槽管理者とは、浄化槽法第七条で「浄化槽の所有者、占有者その他の者で当該浄化槽の管理について権原を有するもの(以下「浄化槽管理者」という。)」と定められており、例えば、戸立て住宅で浄化槽を使用されている場合、一般的には、そこにお住まいの方が「浄化槽管理者」となります。

浄化槽の維持管理※
維持管理の種類説明実施回数
合併処理浄化槽単独処理浄化槽
保守点検浄化槽の稼動状況を調べて、機器の点検・調整・消毒薬の補充等を行います。概ね4か月に1回以上
(維持管理要領書でご確認ください)
4か月に1回以上
(全ばっ気方式は3か月に1回以上)
清掃浄化槽内で発生した汚泥等の引き抜きや洗浄を行います。1年に1回以上1年に1回以上
(全ばっ気方式は6か月に1回以上)
法定検査7条検査浄化槽の設置工事が適正に行われ、浄化槽が正常に働いているかどうかを検査します。

設置後4~8か月の間に1回


(平成13年から新設禁止のため)
11条検査保守点検や清掃が適正に行われ、機能が十分に発揮されているかどうかを検査します。1年に1回1年に1回

保守点検

 保守点検は、浄化槽の装置が正しく働いているかを点検し、装置や機械の調整・修理、スカムや汚泥の状況確認を行い、通常は年1回実施する清掃以外に汚泥の引き抜きが必要となるかの判断や、清掃時期の判定、消毒剤の補充などを行います。

 保守点検は技術上の基準に従って行わなければならず、専門的な知識や技能が必要となるため、浄化槽管理者は、保守点検を知事(保健所を設置する市ではその市長)の登録を受けた保守点検業者に委託することができます。登録業者は、最寄の県民事務所または市町村役場へ問合せください。(このページの下部にある「浄化槽の維持管理業者」の項目から検索することもできます。)

 なお、保守点検の点検回数は、浄化槽法施行規則で次のように定められています。

合併処理浄化槽の保守点検回数
処理方式種類回数
分離接触ばっ気方式
嫌気ろ床接触ばっ気方式
脱窒ろ床接触ばっ気方式
処理対象人数が20人以下4か月に1回以上
処理対象人数が21人以上50人以下3か月に1回以上
活性汚泥方式-1週間に1回以上
回転板接触方式
接触ばつ気方式
散水ろ床方式
1 砂ろ過装置、活性炭吸着装置又は凝集槽を有する浄化槽1週間に1回以上
2 スクリーン及び流量調整タンク又は流量調整槽を有する浄化槽(一に掲げるものを除く。)2週間に1回以上
3 1及び2以外のもの3か月に1回以上
単独処理浄化槽の保守点検回数
処理方式種類回数
全ばっ気方式処理対象人数が20人以下3か月に1回以上
処理対象人数が21人以上300人以下2か月に1回以上
処理対象人数が301人以上1か月に1回以上
分離接触ばっ気方式
分離ばっ気方式
単純ばっ気方式
処理対象人数が20人以下4か月に1回以上
処理対象人数が21人以上300人以下3か月に1回以上
処理対象人数が301人以上2か月に1回以上
散水ろ床方式
平面酸化床方式
地下砂ろ過方式
-6か月に1回以上

清掃

 清掃とは、浄化槽にたまった汚泥やスカムといった泥のかたまりを引き抜き、付属装置や機械類を洗浄したり、掃除したりする作業です。この清掃を怠ると浄化槽の機能の低下や汚物の流出、悪臭の原因となります。

 浄化槽の清掃は、市町村長の許可を受けた業者に委託してください。許可業者については、お住まいの市町村役場へ問合せください。(このページの下部にある「浄化槽の維持管理業者」の項目から検索することもできます。)

 なお清掃は、年1回以上(全ばっ気式の単独処理浄化槽は6か月に1回以上)の実施が義務付けられています。

 

 浄化槽清掃 よくある質問(FAQ)はこちらです。

法定検査

 浄化槽法では、浄化槽の適正な設置と維持管理を確認する必要性から、全ての浄化槽に対して「法定検査」の受検を義務付けています。平成18年2月からは、法定検査を受検していない浄化槽管理者に対する罰則も設けられました。

 法定検査について詳細は、こちらのページをご覧ください。

浄化槽の維持管理業者

 浄化槽が設置されている市町村によって、清掃業者、保守点検業者、法定検査機関が異なります。知事が指定した法定検査機関については下表のとおりです。

 また、以下より、各地域の浄化槽維持管理業者を検索することができます。

  浄化槽維持管理業者・機関を検索する

  浄化槽保守点検業の登録についてはこちら

法定検査機関
担当機関電話番号担当地域
(一社)愛知県薬剤師会
(生活科学センター)
052-683-1131名古屋市、半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町
(一社)愛知県浄化槽協会052-481-7160一宮市、瀬戸市、春日井市、津島市、豊田市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、大治町、蟹江町、飛島村
(一財)中部微生物研究所0533-76-2228豊橋市、岡崎市、豊川市、碧南市、刈谷市、安城市、西尾市、蒲郡市、新城市、知立市、高浜市、田原市、幸田町、設楽町、東栄町、豊根村

浄化槽に関する問い合わせ先

 浄化槽に関しては、お住まいの市町村の浄化槽担当部局、または最寄の県民事務所・東三河総局環境保全課へ問合せください。
浄化槽に関する問合せ先
市町村名担当部局電話番号
名古屋市各区保健所生活環境課環境衛生担当
又は名古屋市健康福祉局健康部環境薬務課
052-972-2644
一宮市、瀬戸市、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町尾張県民事務所環境保全課
(〒460-8512名古屋市中区三の丸2-6-1)
052-961-7211
津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村尾張県民事務所海部県民センター環境保全課
(〒496-8531津島市西柳原町1-14)
0567-24-2111
半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町尾張県民事務所知多県民センター環境保全課
(〒475-8501半田市出口町1-36)
0569-21-8111
岡崎市岡崎市環境部廃棄物対策課0564-23-6871
豊田市豊田市上下水道局下水道施設課0565-34-6964
碧南市、刈谷市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、幸田町西三河県民事務所環境保全課
(〒444-8551岡崎市明大寺本町1-4)
0564-23-1211
みよし市豊田加茂環境保全課
(〒471-8503豊田市元城町4-45)
0565-32-7494
豊橋市豊橋市環境部廃棄物対策課0532-51-2410
豊川市、蒲郡市、田原市東三河総局環境保全課
(〒440-8515豊橋市八町通5-4)
0532-54-5111
新城市、設楽町、東栄町、豊根村東三河総局新城設楽振興事務所環境保全課
(〒441-1365愛知県新城市字石名号20-1)
0536-23-2111

問合せ

愛知県環境部水地盤環境課
調整・生活排水グループ
TEL 052-954-6219
FAX 052-961-4025
E-mail mizu@pref.aichi.lg.jp