ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

生活排水トピックス

 生活排水トピックスでは、生活排水対策や浄化槽に関する愛知県からのお知らせや最新情報を掲載するほか、地域の活動などでご活用いただけるパンフレットをダウンロードすることができます。

新着情報

特集

法定検査の受検はお済みですか?

 浄化槽は、汚水をきれいにするために微生物の働きを利用しており、適正な維持管理を行わないと、故障や機能低下を引き起こし、悪臭や水質汚濁の原因となってしまいます。

 そのため浄化槽法では、清掃、保守点検とは別に、すべての浄化槽に対し、法定検査の受検が義務付けられいます。

 法定検査は、浄化槽が適正に設置され正常に機能しているか、清掃や保守点検がきちんと行われているかなどを総合的に判断する重要な検査です。

 法定検査について詳しくはこちらをご覧ください。

合併処理浄化槽への転換を!

 皆さんがお使いの浄化槽は、合併処理浄化槽ですか?単独処理浄化槽ですか?

 愛知県に設置されている約55万基の浄化槽のうち、合併処理浄化槽の数は約20万基、全体の37%程度にとどまっています。

 水環境を守るため、浄化槽法では、平成12年6月2日の改正(平成13年4月1日施行)で、合併処理浄化槽のみを浄化槽とし、平成13年度から新たに設置される浄化槽は、原則として合併処理浄化槽のみとし、すでに設置されている単独処理浄化槽は合併処理浄化槽への転換に努めるものとされました。

 愛知県内の市町村では、合併処理浄化槽の設置にかかる費用の補助や融資の制度を設けています。現在、単独処理浄化槽をお使いの場合は、水回りのリフォームなどに合わせ、合併処理浄化槽への転換をご検討ください。

 浄化槽設置の補助・融資制度に関しては、お住まいの市町村役場環境関係課まで問合せください。

お役立ち資料集

 愛知県環境部水地盤環境課が発行したパンフレットなどをpdfファイルでダウンロードすることができます。地域や学校などでご活用ください。

 浄化槽に関する届出様式は、こちらからダウンロードしてください。

生活排水を考える

  浄化槽の維持管理Q&A(浄化槽管理手帳)

浄化槽を使用・管理している皆様へ ~法定検査は法律で義務付けられた検査です!~

クリーン排水運動(みんなで取り組む生活排水対策情報紙)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)