ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水地盤環境課 > 第8次水質総量削減に係る総量削減計画の策定及び総量規制基準の設定について

第8次水質総量削減に係る総量削減計画の策定及び総量規制基準の設定について

第8次水質総量削減に係る総量削減計画の策定及び総量規制基準の設定について

 愛知県では、伊勢湾(三河湾を含む。以下同じ。)の水質改善を図るため、水質汚濁防止法に基づき、本日、第8次水質総量削減に係る「化学的酸素要求量、窒素含有量及びりん含有量に係る総量削減計画(以下「総量削減計画」という。)」を策定し、「化学的酸素要求量、窒素含有量及びりん含有量に係る総量規制基準(以下「総量規制基準」という。)」を設定しました。

1 総量削減計画について

(1) 総量削減制度の概要

 総量削減計画は、伊勢湾、東京湾、瀬戸内海といった広域的な閉鎖性水域の水質改善を図るため、国が定める総量削減基本方針に基づき、都府県が策定する計画であり、愛知県では、昭和55年度から7次にわたり総量削減計画を策定し、汚濁負荷の削減のための対策を進めてきました。

(2) 第8次総量削減計画の概要

ア 目標年度 

 平成31年度

イ 削減目標量
削減目標量
汚濁負荷の項目平成31年度目標量平成26年度実績量
化学的酸素要求量74 (6.3%)79
窒素含有量57 (1.7%)58
りん含有量4.4 (4.3%)4.6

・単位は、トン/日

・( )は、平成26年度に対する削減率を示す。

ウ 削減目標量の達成のための方途

・下水道、浄化槽等の生活排水処理施設の整備

・総量規制基準の設定 等

エ その他汚濁負荷量の総量の削減及び水環境の改善に関し必要な事項

・しゅんせつ・覆砂、干潟の保全・造成、窪地の埋戻し

・NPO、漁業者等の多様な主体との連携・協働の推進 等

2 総量規制基準について

(1) 総量規制の概要

 総量規制は、総量削減制度の対象地域に立地する、一定規模(1日の排水量が50立方メートル以上)の工場等が対象となり、都府県は、国が業種等の区分ごとに定める総量規制基準の範囲内で、総量規制基準を設定することとされています。

 

(2) 第8次総量規制基準の概要

ア 見直しを行った基準値の数

 事業場の実態を踏まえて一部の業種等に係る基準値の見直しを行い、総量規制基準を設定しました。

見直しを行った基準値の数
総量規制の項目第7次総量規制の基準値の総数第8次総量規制で基準値を見直した数
化学的酸素要求量81617 (2.1%)
窒素含有量64638 (5.9%)
りん含有量61261 (10.0%)

・( )は、第7次の総数に対する割合を示す。

イ 総量規制基準の施行日

 平成29年9月1日

3 計画及び基準の閲覧方法について

 総量削減計画及び総量規制基準は、愛知県のウェブページ(http://www.pref.aichi.jp/soshiki/mizu/0000047072.html)から閲覧ができます。

 

第8次水質総量削減に係る総量削減計画及び総量規制基準の概要 [PDFファイル/189KB]

 

このページに関するお問合せ

  愛知県環境部水地盤環境課
  三河湾環境再生グループ
  担当:岡田、髙井
  電話:052-954-6220
  内線:3058、3042
  メール:mizu@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)