ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業経営課 > 愛知県育成品種 カーネーション「カーネ愛農1号」の許諾契約手続きについて

愛知県育成品種 カーネーション「カーネ愛農1号」の許諾契約手続きについて

愛知県育成品種 カーネーション「カーネ愛農1号」の許諾契約手続き

 カーネーション「カーネ愛農1号」は、愛知県と国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(以下、「農研機構」)との共同育成品種です。
 カーネーション「カーネ愛農1号」を生産販売するには、愛知県及び農研機構との許諾契約が必要です。
 許諾契約を希望される方は、以下の内容をお読み下さい。

許諾について

(1)許諾先について

 許諾は、「個人」「団体(法人を含む)」「種苗業者」で契約することが出来ます。

 個人・団体は、農業を生業とする者に限ります。

 

(2)許諾料(利用料)について

 <個人・団体>

  愛知県内の契約者:年間25,000円(愛知県への支払分)+種苗の譲渡額×2.5%(農研機構への支払分) 

  愛知県外の契約者:年間75,000円(愛知県への支払分)+種苗の譲渡額×2.5%(農研機構への支払分)

  ・「種苗の譲渡額」の算定方法は農研機構へお問い合わせください。

 <種苗業者>

  種苗の譲渡額×3.0%(愛知県への支払分)+種苗の譲渡額×2.5%(農研機構への支払分)

  但し、愛知県種苗協同組合加盟の種苗業者が愛知県内へ種苗を供給する場合は、愛知県への支払分は3.0%から0.16%へ減額されます。

  ※許諾料には、消費税及び地方消費税を加算した金額でご請求いたします。

 

(3)種苗について

 <個人・団体>

 愛知県農業総合試験場から発根苗20株を提供します。増殖して使用してください。

 ※カーネーション種は種苗法施行規則第16条で規定される作物(自己増殖に育成者権の効力が及ぶ栄養繁殖作物)ですが、許諾契約書の中で自己増殖を認めています。

 <種苗業者>

 農研機構から種苗を有償譲渡します。

許諾契約締結までの流れ

許諾契約の締結は、以下の流れで行います。

【1.申請者】 申請書等を愛知県へ提出

【2.愛知県・農研機構】 申請書等の審査、契約書(案)を申請者へ送付

【3.申請者】 契約書(案)への押印、契約書(案)を愛知県へ返送

【4.愛知県・農研機構】 契約書への押印、契約書を申請者へ送付

※契約書は、申請者の押印が確認できるまで(案)としての扱いです。

許諾契約締結後について

(1)報告書等の提出について

 許諾契約締結後は、毎年、期日までに以下の書類の提出が必要です。

 <愛知県への提出書類>

  ・許諾に係る実績報告書

  ・許諾に係る実績見込み書

 <農研機構への提出書類>

  ・許諾に係る報告書

 

(2)契約期間について

 許諾契約は3年間です。契約途中での契約解除は可能です。契約期間満了後も生産を継続する場合は、同様の許諾契約手続き(更新手続き)が必要となります。(但し、出願公表中に許諾契約をされた場合は、契約期間は品種登録までとなっており、品種登録時に契約書の切り替え手続きが必要となります。)

申請について

提出書類

申請に必要な書類は以下のとおりです。提出の際は、提出もれがないか再度御確認ください。

申請書以外に御自身で御準備いただくもの(個人:住民票、団体・種苗業者:業務内容を示す書類及び名簿)もございますので御注意下さい。

提出書類一覧
個人

・許諾申請書【愛知県から用紙を郵送】

・平成○○年度生産計画【愛知県から用紙を郵送】

・事業計画書【愛知県から用紙を郵送】

住民票

団体・種苗業者

・許諾申請書【愛知県から用紙を郵送】

・乙及び乙が代表者となる組織の構成員等【愛知県から用紙を郵送】

・平成○○年度生産計画【愛知県から用紙を郵送】

・事業計画書【愛知県から用紙を郵送】

・業務内容を示す書類(団体:総会資料と規約、法人・種苗業者:定款または約款)

・名簿(団体のみ)

 

申請書の請求・提出書類の郵送先

許諾を希望される方は、申請書を送付しますので、以下まで電話にて御連絡ください。

また、提出書類は、以下の宛先まで御送付ください。

〒460-8501

愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番2号

愛知県農林水産部 農業経営課技術調整グループ 

TEL:052-954-6410 (平日 午前9時~午後5時)

 

お問い合わせ

愛知県 農林水産部 農業経営課 技術調整グループ
TEL:052-954-6410(ダイヤルイン)