ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業経営課 > 効率的な環境制御でトマト40t/10aを実現~あいち型植物工場の成果発表会を開催します~

効率的な環境制御でトマト40t/10aを実現~あいち型植物工場の成果発表会を開催します~

JAグループ愛知記者会 同時発表

効率的な環境制御でトマト40t/10aを実現~あいち型植物工場の成果発表会を開催します~

トマト栽培状況
 愛知県農業総合試験場は、トマトの生産効率向上と生産農家の経営改善のため、平成24年度から愛知県経済農業協同組合連合会(以下「JAあいち経済連」という。)、トヨハシ種苗株式会社と共同研究を実施しています。
 本研究により、既存の施設をそのまま活用し温度・湿度・二酸化炭素(CO₂)などを高度に制御した「あいち型植物工場」において、トマトの年間収量が飛躍的に向上する栽培システムを開発しました。その研究成果について、下記により報道機関を対象とした発表会を開催しますのでお知らせします。

発表会の詳細

1 日 時
 平成28年3月16日(水曜日) 午後2時30分から午後4時まで
2 場 所
 JAあいち経済連営農支援センター会議室
  所在地:愛知県豊橋市杉山町字新々田115
  電話番号:0532-23-3411
3 内 容
 (1)成果発表
   午後2時30分から午後3時まで
   愛知県農業総合試験場園芸研究部次世代施設野菜研究室 伊藤緑(いとうみどり)技師
   愛知県農業総合試験場園芸研究部次世代施設野菜研究室 樋江井清隆(ひえいきよたか)主任研究員
   トマト年間収量40t/10aを可能にする栽培施設の温度・湿度・CO₂等の環境制御と「あいち型植物工場」のシステムについて説明します。 
 (2)研究実証ハウス見学
   午後3時から午後4時まで
   「あいち型植物工場」で提案する資機材を導入したモデルハウスを見学し、高収益をめざすトマト栽培を御覧いただきます。ハウス内の見学は、JAあいち経済連、トヨハシ種苗株式会社、愛知県農業総合試験場の担当者が御案内します。

取材について

(1)発表会
  当日の取材を希望される報道機関の方は、平成28年3月11日(金曜日)までに、愛知県農業総合試験場企画普及部経営情報研究室に御連絡ください。
  電話番号:0561-62-0085(内線390)、FAX:0561-63-0815(担当:吉村、金原)
(2)研究成果
  あいち型植物工場の詳細に関する取材は、愛知県農業総合試験場園芸研究部次世代施設野菜研究室に御連絡ください。
  電話番号:0561-62-0085(内線333)、(担当:樋江井、番)

(参考)あいち型植物工場について

 愛知県は日射量に恵まれ、全国有数の規模で温室やハウスが整備されています。こうした資源を有効に活用して、既存の施設に導入可能な植物工場の技術開発を行っています。特に次の三つの要件を満たす施設を「あいち型植物工場」として、産地への普及を進めています。
(1)太陽光を利用した施設
(2)施設内の温度、湿度、CO₂の3項目を常時モニタリングし、生育環境の把握が可能
(3)モニタリング結果を基に、最適な生育環境とするために温室内環境を制御

問合せ先

愛知県農業総合試験場 園芸研究部 次世代施設野菜研究室
担当 樋江井・番
電話 0561-62-0085(内線333)
愛知県農林水産部 農業経営課 技術調整グループ
担当 牧田・伊藤
電話 ダイヤルイン052-954-6410