ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業振興課 > 地元で開発された「とよた里山猪肉キーマカレー」をPR

地元で開発された「とよた里山猪肉キーマカレー」をPR

施策

~ 地元関係者の思いの詰まったカレーを知事に味わっていただきます ~

 

 

 愛知県では、イノシシやシカなどの獣害による農作物被害が毎年2億円程度発生しています。農作物被害防止のための対策として、各市町村において農地への侵入防止柵の設置や捕獲檻による捕獲を行っていますが、こうして捕獲したイノシシやシカを地域資源として活用するために、本県では、平成22年度より愛知産ジビエとして消費拡大に繋がる取組を進めています。

 この度、豊田加茂地域におけるジビエの消費拡大の取組について、獣肉処理加工施設を運営する(株)山恵などの関係者が知事を訪問し、同関係者が共同開発したイノシシ肉を使ったカレー「とよた里山猪肉カレー」及びその他のジビエ加工品を味わっていただき、広く県民の皆様にPRし、取組内容や取組への思いを伝えます。

1 日時及び場所

 平成29年8月3日(木曜日)午前11時40分から正午まで

 愛知県公館 1階

2 主な出席者

■開発関係者

 足助観光協会 会長 田口 敏男(たぐち としお)氏

 一般社団法人 おいでん・さんそん 代表理事 鈴木 辰吉(すずき たつよし)氏

 株式会社 山恵 取締役 鈴木 良秋(すずき よしあき)氏

 株式会社 ワイズ 代表取締役社長 山本 庸司(やまもと ようじ)氏

 愛知県立足助高等学校  校長 黒川 修一(くろかわ しゅういち)氏

   (パッケージイラスト作成) 2年生 梅村 凛音(うめむら りおん)さん

■地元関係者

 愛知県議会議員  鈴木 雅博(すずき まさひろ)氏

 豊田市 足助支所長 近藤 雅雄(こんどう まさお)氏

3 内 容

 ジビエを使ったカレーの開発に携わる関係組織代表者が知事を訪問し、開発商品の特徴やこだわり、今後の取組について思いを伝えます。

 また、開発商品である『とよた里山猪肉キーマカレー』、『しし肉まん』を知事に味わっていただき、ジビエ加工品のPRをします。 

カレーパッケージカレーパッケージ

パッケージシールパッケージシールのイラスト(県立足助高等学校の梅村さん作成)

 

しし肉まんしし肉まん

フランクフルトフランクフルト

4 参考資料

「とよた里山猪肉キーマカレー]及び(株)山恵について [PDFファイル/101KB]

5 問合せ

 愛知県農林水産部農業振興課

 農村対策グループ 林・加藤

 電話 052-954-6406(ダイヤルイン)

 E-mail: nogyo-shinko@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)