ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

研究短報

 農業総合試験場は、農業の発展に寄与するため、品種改良や新技術の研究開発を行っています。
 こうした試験研究の成果について、広く県民の皆様に紹介し、技術開発の現状や農業への理解を深めていただくため、農業総合試験場の研究の中から、優れた成果や最新の研究状況を「研究短報」として年に3回程度発行し、公表しています。

研究短報119号(平成29年(2017年)11月)

研究の成果


「ミネアサヒ」を改良し、病気に強い「中部138号」を開発
(平成29年6月品種登録出願公表)

多収性水稲品種「もみゆたか(愛知125号)」の栽培法の確立

4月収穫キャベツの安定生産技術を開発


研究トピックス


飼料用米の栽培に必要な水量

ウズラのニューカッスル病(ND)オイルワクチンは4週齢接種が有効

バラの日持ち性は収穫後20分以内の水揚げがポイント

スキャナーとフリーソフトを利用し てん茶の色を簡易に測定できます


研究短報119号のダウンロード [PDFファイル/701KB]

研究短報118号(平成29年(2017年)7月)

研究の成果


産肉性に優れた名古屋コーチンの肉用新系統「NGY7」が完成

ナシ萎縮病菌の簡易迅速診断法を開発

樹形管理方法の改善でバラ切り花の収量増-改良切り上げ方式で収穫本数が増加します-


研究トピックス


ナシの売れる要因が明らかに!

土壌被覆資材を利用したカンキツ「みはや」の高品質生産

ドローンと可変施肥機を活用した良食味米生産技術の開発に着手

頭上散水で「スプレーアイチ夏1号」の高温期の黄斑点症状が軽減


研究短報118号のダウンロード [PDFファイル/1.01MB]

研究短報117号(平成29年(2017年)2月)

研究の成果


繁殖性に優れた大ヨークシャー種系統豚「アイリスW3」が完成

長期間カリウム無施用でも水稲の大幅な減収なし -長期肥料試験結果-

愛知式全方位開放型囲い罠「おりべえII」を開発


研究トピックス


4月収穫キャベツの安定出荷に向けた追肥のポイント

しょうゆご飯でお得に牛乳生産

デュロック種の新しい系統豚開発に向け交配を開始

キク矮化病に強い抵抗性を持つスプレーギク新系統を作出


研究短報117号のダウンロード [PDFファイル/771KB]

研究短報116号(平成28年(2016年)11月)

研究の成果


初のバラの新品種「愛知1号」を開発

(平成27年9月品種登録出願公表)

リン酸が蓄積したほ場での半促成トマト栽培における全量基肥栽培技術を開発

秋芽を利用した食品加工用てん茶の生産技術を開発


研究トピックス


近紫外線除去フィルムでハウスミカンのハダニ防除回数を削減

名古屋コーチン卵の加工特性

水田畦畔におけるグリホサート抵抗性ネズミムギの防除体系を開発

柔らかさが持続する水稲糯米系統「愛知糯126号」の実証栽培を開始


研究短報116号のダウンロード [PDFファイル/569KB]

研究短報115号(平成28年(2016年)7月)

研究の成果


日持ち性が極めて良いピンク色のカーネーション新品種「カーネ愛農1号」を開発

(平成27年9月品種登録出願公表)

残留農薬を簡単・迅速に測定できる検査キットを開発

硬質小麦品種「ゆめあかり」の実肥の施肥方法を確立


研究トピックス


LAMP法による茎えそウイルスの迅速簡便な診断法を開発

「とげなし輝楽」収量アップのポイント

「バラにおけるCO2長期・長時間施用指針」を作成

雨水、太陽光発電を活用したミニトマト栽培システムの実証


研究短報115号のダウンロード [PDFファイル/567KB]

研究短報 114号(平成28年(2016年)2月)

研究の成果


爽やかな黄緑色のスプレーカーネーション新品種「カーネ愛知8号」を開発(平成27年5月品種登録出願公表)

3種類のコムギ土壌伝染性ウイルスを迅速・正確に同定できるLAMPマーカーを開発

適切な肥育期飼料による系統豚の厚脂対策


研究トピックス


イネいもち病圃場抵抗性遺伝子の集積効果が判明

油脂の添加により低水分で良質な堆肥ができます

チャ寄生性線虫を愛知県内で確認

大ヨークシャーの系統豚、間もなく完成


研究短報 114号のダウンロード [PDFファイル/714KB]

研究短報 113号(平成27年(2015年)11月)

研究の成果


10月から6月までピンク色が美しい秋系スプレーギク新品種を開発

ジネンジョの省力的多収技術を開発

炭酸ガス(CO2)施用とミスト噴霧による施設トマトの多収技術を開発


研究トピックス


農業用排水路における絶滅危惧種ドジョウの環境・生態調査を実施

デンドロビウム「フォーミアイチ1号」の出荷期間を拡大する施肥方法

肥育牛用配合飼料中のトウモロコシの7割は粉砕玄米で代替可能

ヤシ殻の畜舎敷料利用による悪臭低減


研究短報 113号のダウンロード [PDFファイル/715KB]

研究短報 112号(平成27年(2015年)7月)

研究の成果


園芸施設内環境を観測する安価なシステム「あぐりログ」を開発

羽色で雌雄鑑別も可能な高性能ウズラを開発

家庭需要に適した規格の輪ギク(エコマム)の効率的な生産技術を開発


研究トピックス


キュウリ黄化えそ病の伝染環を解明

グリホサート抵抗性のネズミムギを確認

着果量を制限して糖度の高い「シャインマスカット」を生産

試験場の体制が新しくなりました 次世代施設野菜研究室を新設


研究短報 112号のダウンロード [PDFファイル/850KB]

研究短報76号から111号まで

研究短報76号から111号までの記事は、こちらを御覧ください。

 

問合せ先

愛知県農業総合試験場
企画普及部企画調整室
電話: 0561-62-0085 内線322
E-mail: nososi@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)