ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業総合試験場 > 東三河農業研究所 茶業研究室

東三河農業研究所 茶業研究室

東三河農業研究所茶業研究室の研究内容を紹介します

 愛知県の茶の生産量は全国10位ですが、抹茶の原料である「てん茶」は京都府に次いで全国第2位です。茶業研究室では、この特産であるてん茶を主体に、「高品質安定生産のための剪定・整枝方法や被覆方法」「茶の輸出拡大を目指した有機栽培技術と害虫防除」「食品加工向けてん茶の生産技術の開発」などに取り組んでいます。

 その中で特に重点を置いているのが、農薬を使わない茶の防除技術です。茶の有機栽培においては、新芽を吸汁するチャノミドリヒメヨコバイの被害が最も重大であるため、農薬を使わず、散水によってチャノミドリヒメヨコバイの数を減少させる技術の開発に取り組んでいます。

散水によるチャノミドリヒメヨコバイの防除

散水によるチャノミドリヒメヨコバイの防除

問合せ先

愛知県農業総合試験場
東三河農業研究所茶業研究室
電話: 0532-61-6235
E-mail: nososi-toyohashi@pref.aichi.lg.jp