ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > あいち燃料電池自動車出発式の開催について

あいち燃料電池自動車出発式の開催について

平成27年1月15日(木)発表

あいち燃料電池自動車出発式の開催について

 本県及び豊田市に全国の自治体として初めて、燃料電池自動車(FCV)「MIRAI」が1月20日(火)に納車されます。 

 同日、今年度FCVの導入を予定している県内自治体(愛知県、名古屋市、刈谷市、豊田市、安城市)は、「究極のエコカー」であるFCVを普及促進し、水素をエネルギーとして活用することによって低炭素社会の実現を目指すため、合同で出発式を開催します。

 出発式では、トヨタ自動車(株)などから知事・4市長へのゴールデンキーの受渡しに続き、知事・4市長がFCVに乗車します。

 

1 日時

 平成27年1月20日(火) 午後1時から午後1時30分まで(雨天決行)

2 場所

 愛知県庁本庁舎正面玄関前

3 出席者

愛知県知事 大村 秀章、愛知県副知事 森岡 仙太

名古屋市長 河村 たかし(かわむら たかし)

刈谷市長 竹中 良則(たけなか よしのり)

豊田市長 太田 稔彦(おおた としひこ)

安城市長 神谷 学(かみや がく)

トヨタ自動車株式会社 代表取締役副社長 小平 信因(こだいら のぶより) 

愛知トヨタ自動車株式会社 代表取締役社長 山口 真史(やまぐち まさし)

名古屋トヨペット株式会社 代表取締役社長 小栗 一朗(おぐり かずお)

4 次第

(1)知事あいさつ

(2)トヨタ自動車(株)あいさつ

(3)トヨタ自動車(株)、愛知トヨタ自動車(株)、名古屋トヨペット(株)から知事・4市長へゴールデンキーの受渡し

(4)トヨタ自動車(株)車両解説

(5)知事・4市長がFCV(トヨタ自動車(株)「MIRAI」)に乗車し、本庁舎構内コースを走行

(※)出発式終了後、同日午後1時30分から午後2時30分まで、関係者(報道関係者、あいちFCV普及促進協議会・あいちEV・PHV普及ネットワーク参加者)を対象としたFCVの同乗試乗会を行います。

  試乗を含めた取材を希望される報道関係者にあっては、平成27年1月19日(月)までに地球温暖化対策室(TEL:052-954-6217)へ御連絡ください。

参考1 「MIRAI」の販売開始

 トヨタ自動車(株)が、先月15日に「究極のエコカー」と言われているFCV「MIRAI」を、世界に先駆けて一般販売開始

参考2 県・4市の今年度FCV導入予定

・愛知県(2台)

・名古屋市(1台)

・刈谷市(1台)

・豊田市(2台)

・安城市(1台)

参考3 FCVの普及促進に向けた本県の取組

(1)公用車として率先導入

  FCVの販売開始と同時に公用車として2台を率先導入し、環境学習などのイベントに活用します。

(2)自動車税の課税免除

  本県独自の取組として、県税である自動車税の課税免除を行います。EV・PHV同様、新車新規登録を受けた年度の月割分と翌年度から5年度分を全額免除します。

(3)本県の既存の補助制度の対象に追加

  本県独自の「低公害車導入促進費補助金」の補助対象にFCVを追加しました。

(4)「愛知県庁水素社会普及啓発ゾーン」の運用

  愛知県庁西庁舎駐車場内に移動式水素ステーションが設置可能な普及啓発の場として、平成26年12月18日(木)に開所した「水素社会普及啓発ゾーン」を運用し、FCVや水素ステーションの普及拡大を図ります。

会場レイアウト

会場レイアウト

問合せ

愛知県 環境部 大気環境課地球温暖化対策室
自動車環境グループ 堀部・野末
連絡先:052-954-6217(ダイヤルイン)
E-mail: ondanka@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)