ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 大気環境課地球温暖化対策室 > 平成28年度「あいち緑のカーテンコンテスト」の優秀事例を決定しました!

平成28年度「あいち緑のカーテンコンテスト」の優秀事例を決定しました!

平成28年度「あいち緑のカーテンコンテスト」の優秀事例を決定しました

愛知県では、エコライフの実践の輪を県内全体に広げる県民運動「あいちエコチャレンジ21」の一つとして、「緑のカーテン」の普及を図るため、平成21年度から「あいち緑のカーテンコンテスト」を実施しています。

緑のカーテンとは、日の当たる窓や壁を、アサガオやゴーヤのようなつる性植物で覆ったもので、室内・壁面・地面の温度上昇を抑える効果があります。

今年度は146事例の応募があり、その中から優秀事例を決定しました。最優秀賞及び優秀賞受賞者については、12月16日(金曜日)に開催する「あいち低炭素社会づくりフォーラム」において賞状を授与します。

【部  門】 住宅部門、幼稚園・保育園・児童福祉施設部門、学校部門及び事業所部門の4部門

【最優秀賞】 各部門1事例(計4事例)

【優秀賞】  各部門2事例(計8事例)

【審査委員特別賞】3事例

最優秀賞

住宅部門

高橋 恵美子さん(豊川市)

(植物の種類)ゴーヤ、アサガオ、夕顔、アサリナ

(審査委員の講評)育成状況のよい立派な緑のカーテンとなっています。ペットボトルを使った自動給水システムを設けるなど、水やりや土作りの方法にも工夫がみられます。

住宅部門最優秀賞住宅部門最優秀賞

幼稚園・保育園・児童福祉施設部門

しおつ児童館 塩津児童クラブ(蒲郡市)

(植物の種類)ゴーヤ

(審査委員の講評)児童も大人と一緒にカーテン作りに取り組んでおり、見た目も良くきれいな出来映えです。使用電気量も削減され設置の効果が表れています。

幼稚園・保育園・児童福祉施設部門 最優秀賞幼稚園・保育園・児童福祉施設部門 最優秀賞

学校部門

安城市立志貴小学校

(植物の種類)ゴーヤ、ヘチマ、アサガオ

(審査委員の講評)立派なカーテンを作るだけでなく、PTA新聞への掲示や収穫物の地域への配付など、緑のカーテンの普及啓発にも積極的に取り組まれています。

学校部門最優秀賞学校部門最優秀賞

事業所部門

中部国際空港株式会社(常滑市)

(植物の種類)パッションフルーツ

(審査委員の講評)半田農業高校と共同で継続的に緑のカーテン作りに取り組み、FacebookでのPRや周知の看板を設置するなど、ユニークな普及方法がとられています。

事業所部門最優秀賞事業所部門最優秀賞

優秀賞

住宅部門

小林 かつ子さん(豊橋市)

住宅部門優秀賞

山城 英司さん・佳代子さん(刈谷市)

住宅部門優秀賞

幼稚園・保育園・児童福祉施設部門

刈谷市立富士松北幼稚園

幼稚園・保育園・児童福祉施設部門 優秀賞

刈谷市立小高原幼稚園

幼稚園・保育園・児童福祉施設部門 優秀賞

学校部門

半田市立さくら小学校    

学校部門優秀賞      

豊田市立若林東小学校

学校部門優秀賞

事業所部門

トヨタ自動車(株) 明知工場(みよし市)

事業所部門優秀賞

豊田合成(株) 平和町工場(稲沢市)

事業所部門優秀賞

審査委員特別賞

タイホウコーポレーション(株) モスバーガー鳴子店(名古屋市)

審査委員特別賞

尾張旭市役所

審査委員特別賞

社会福祉法人 大幸福祉会 ユニオンワークス(名古屋市)

審査委員特別賞

「あいち緑のカーテンコンテスト」について

1 実施概要

(1)応募資格

個人又は団体で今年度、愛知県内の住宅、学校若しくは事業所等において、「緑のカーテン」を設置していること。

(2)募集部門

 住宅部門、幼稚園・保育園・児童福祉施設部門、学校部門、事業所部門

(3)募集期間

 平成28年4月20日(水曜日)から9月16日(金曜日)まで

(4)応募事例数

 総数146事例(住宅部門40事例、幼稚園・保育園・児童福祉施設部門18事例、学校部門55事例、事業所部門33事例)

2 審査の概要

平成28年10月21日(金曜日)に「あいち緑のカーテンコンテスト」審査委員会を開催し、優秀事例を決定。

(1)審査委員

佐野 充   (中部大学 教授) …審査委員長

  五十嵐 文一  (愛知県農林水産部園芸農産課 課長補佐)

  待田 光司  (愛知県建設部公園緑地課 課長補佐)

  伊藤 孝明  (愛知県教育委員会事務局学習教育学部義務教育課 主査)

  児玉 剛則  (愛知県地球温暖化防止活動推進センター 次長)

  小野 俊之  (愛知県環境部大気環境課地球温暖化対策室 室長)

(2)審査の視点

 ア 景観、設置方法等

  ・外からの見た目や感じがよいか。

  ・育成状況は良いか(規模、完成度)。

  ・設置の方法に独自の工夫が見られるか。

 イ 工夫した点、設置の効果等

  ・植物の選定、育成方法等に工夫した点が見られるか。

  ・室内・壁面温度の低減や冷房使用量の減少等の設置の効果が見られるか。

 ウ 緑のカーテンの普及啓発、今後の発展性等

  ・緑のカーテンの普及啓発、地球温暖化対策の普及啓発等を実施しているか。

  ・改善したい点、今後の取組への意欲が見られるか。

3 その他

  最優秀賞及び優秀賞受賞者は、12月16日(金曜日)に開催する「あいち低炭素社会づくりフォーラム」において、県内の間伐材で製作した賞状を授与します。(平成28年11月9日(金曜日)記者発表)

問い合わせ

愛知県 環境部 大気環境課地球温暖化対策室
温暖化対策グループ
担当 小野、横井
内線 3032、3055
ダイヤルイン 052-954-6242