ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 労政局労働福祉課 > 「働き方改革推進フォーラム」の参加者を募集します!~働き方改革を前進させるイクボス式チーム戦略とは~

「働き方改革推進フォーラム」の参加者を募集します!~働き方改革を前進させるイクボス式チーム戦略とは~

平成29年12月13日(水曜日)発表

「働き方改革推進フォーラム」の参加者を募集します!~働き方改革を前進させるイクボス式チーム戦略とは~

 社員一人ひとりの「働き方」を変え、最大限のパフォーマンスを引き出すことは、「働き方改革」を進めるうえで不可欠であり、企業にとって重要な経営課題の一つです。
 そこで愛知県では、企業の皆様に「働き方改革」や「イクボス(※)」の取組を進め、企業成長につなげていただくためのフォーラムを開催します。
 本フォーラムでは、日経DUAL創刊編集長・羽生祥子(はぶさちこ)氏の基調講演を始め、先進的な取組を行っている企業の取組事例紹介等を通じて、働き方改革を前進させるための鍵となる「イクボス式チーム戦略」についてわかりやすくお伝えします。
 また、本フォーラムにおいて、平成29年度愛知県ファミリー・フレンドリー企業表彰の表彰式を行います(表彰企業は平成30年1月中旬頃発表予定)。
 是非、御参加ください。
※イクボスとは、部下のワーク・ライフ・バランスを考慮し、そのキャリアと人生を応援しながら、組織としても成果を挙げ、自らも仕事と私生活を充実させている上司・管理職・経営者(男性・女性を問わず)のことです。

1 日時

平成30年2月13日(火曜日) 午後2時から午後5時10分まで (受付開始:午後1時30分)

2 会場

名古屋国際センター 別棟ホール(名古屋市中村区那古野1-47-1 電話 052-581-5679)

3 内容

(1)平成29年度愛知県ファミリー・フレンドリー企業表彰式及び表彰企業による取組事例紹介(午後2時から午後2時50分)
   ・ファミリー・フレンドリー企業賞
   ・イクメン・イクボス企業賞
   ※表彰企業については、平成30年1月中旬頃に決定の上、発表予定。
(2)基調講演(午後3時から午後4時)
   「働き方改革の先進企業が明かすイクボス式チーム戦略の極意」
   講師:日経DUAL創刊編集長 羽生祥子(はぶさちこ)氏
(3)パネルディスカッション(午後4時10分から午後5時10分)
 コーディネーター 
 日経DUAL創刊編集長 羽生祥子(はぶさちこ)氏
 コメンテーター  
 東レ経営研究所 上席シニアコンサルタント 塚越学(つかごしまなぶ)氏
 パネリスト 
 ・日本特殊陶業株式会社
 ・株式会社エス・エヌ・ビー
 ・イクメン・イクボス企業賞 表彰企業(予定)

4 定員

150名(申込先着順)

5 対象者

企業経営者、管理職、人事労務担当者等

6 参加費

無料

7 主催

愛知県

8 申込方法

参加申込書に必要事項を御記入の上、メール又はFAXで「あいちワーク・ライフ・バランス推進運動事務局」までお申し込みください。
 FAX  052-269-5124
 メール  aichi-wlb2017@field-1.com
※メールの場合は、件名を「働き方改革推進フォーラム」とし、本文に参加申込書の必要事項を記載してください。

9 申込締切

平成30年2月2日(金曜日) 午後5時
先着順で受付し、定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
参加受付証は発行しませんので、お申込みの上、直接会場にお越しください。なお、定員超過の場合のみ御連絡させていただきます。

10 問合せ先

○申込みに関すること
 あいちワーク・ライフ・バランス推進運動事務局(株式会社フィールド)
 電話 052-262-5455
 受付時間 午前10時から午後5時まで(土日祝及び12月29日から1月3日までを除く)
○イベント全体に関すること
 愛知県産業労働部労政局労働福祉課 仕事と生活の調和推進グループ
 電話 052-954-6360
 Eメール rodofukushi@pref.aichi.lg.jp

<参考>講師紹介

〇 日経DUAL創刊編集長 羽生祥子(はぶさちこ) 氏
  京都大学卒業。編集工学研究所などを経て現日経BP社入社。女性誌、デジタル誌で執筆編集を担当した後、2012年「日経マネー」副編集長就任。その後自らの出産・子育ての経験を活かし、働くママ・パパを応援する情報サイト「日経DUAL」(http://dual.nikkei.co.jp)を2013年11月に創刊。内閣府少子化対策大綱有識者メンバー(15年)、厚労省イクメンプロジェクト推進委員等就任。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)