ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 労政局労働福祉課 > 「仕事と家庭のインターンシップinあいち」のキックオフミーティングを開催します!

「仕事と家庭のインターンシップinあいち」のキックオフミーティングを開催します!

平成29年8月3日(木曜日)発表

仕事と家庭のインターンシップinあいち

「仕事と家庭のインターンシップinあいち」のキックオフミーティングを開催します!

 愛知県では、今年度の新規事業「働く女性のロールモデル普及啓発事業」として、「仕事と家庭のインターンシップinあいち」を実施します。(平成29年7月5日記者発表
 この度、インターンシップの開始にあたり、参加学生、受入企業の社員を一堂に集めたキックオフミーティングを以下のとおり開催します。
 当日は、「あいち女性の活躍促進プロジェクトチームリーダー」である宮本悦子副知事を囲み、参加者との懇談を行うほか、仕事と子育ての両立について実践的な活動をされている社会起業家を講師に招いて、講演会も開催します。

1 キックオフミーティング開催概要

 (1) 日時

 平成29年8月8日(火曜日) 午後1時から午後2時30分まで

(2) 場所

 愛知県庁本庁舎6階 正庁

  (3) 参加者

   「仕事と家庭のインターンシップinあいち」参加学生10名、受入企業社員5名

 (4) プログラム

   13時00分~  開会
   13時01分~  宮本副知事挨拶
   13時05分~  宮本副知事、学生、受入企業社員との懇談
   13時30分~    記念撮影 (終了後 宮本副知事退席)
   13時35分~  講演「自分らしいワーク&ライフの実現へ」
              講師 堀江敦子(ほりえあつこ)氏(スリール株式会社代表取締役社長)
   14時30分   終了

 (5) その他

  堀江敦子(ほりえあつこ)氏(講演・講師)プロフィール

   スリール株式会社 代表。日本女子大学社会福祉学科卒業 。大手IT企業勤務を経て25歳で起業。花王社会起業塾に参画。「働くこと」、「家庭を築くこと」をリアルに学ぶ「ワーク&ライフ・インターン」の事業を展開。経済産業省「第5回キャリア教育アワード優秀賞」を受賞。両立支援や意識改革を得意とし、企業や大学、行政等多くの講演を行う。2015年日経ビジネス「チェンジメーカー10」に選出される。内閣府「男女共同参画 専門委員」や、厚生労働省「イクメンプロジェクト」、「ぶんきょうハッピーベイビー応援団」など複数行政委員を兼任。

 

2 「仕事と家庭のインターンシップinあいち」について

 (1) 概要

 県内の学生10名が2名1組となり企業を訪問し、仕事と子育てを両立している社員の仕事ぶりを体感するとともに、周囲の支援・協力体制について学ぶ。あわせて、その社員の家庭も訪問し、家事や子育ての手伝いなどを行うなかで、仕事と家庭の両立を体験する。

(2)スケジュール

 ○ 8月8日(火曜日)             事前研修1日目(キックオフミーティング・キャリアデザインセミナー等)
 ○ 8月21日(月曜日)、25日(金曜日) 事前研修2日目(保育研修(座学・実習))2班に分かれて実施
 ○ ~9月中旬                仕事と家庭のインターンシップ(2日間)
                           ※取材をご希望の場合は、8月23日(水曜日)までにご連絡ください。
 ○ 10月                    報告会準備(体験の振り返り、グループワーク等 2日間程度)
 ○ 11月                    学生による報告会

 

   【参考】一日の流れ(イメージ)

   <企業でのインターンシップ>          <家庭でのインターンシップ>

    午後1時~ 出社、 自己紹介           午後5時  保育園にお迎え
            職場見学、仕事体験            午後6時  家事・育児体験
             先輩社員等のインタビュー           (夕食の準備、遊び)
      午後4時  退社                   午後7時  夕食・家族と対話
                                     午後8時  帰宅

 (3) 受入企業

 河村電器産業株式会社、株式会社CBCテレビ、株式会社JTB中部、
 東海東京証券株式会社、株式会社ドコモCS東海  5社

 (4) 参加学生

 10名(参加学生及び受入企業一覧 [PDFファイル/98KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)