ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業科学技術課 > 紫黒糯米を利用した新タイプ「赤色みりん」の製造方法

紫黒糯米を利用した新タイプ「赤色みりん」の製造方法

赤色みりんの製造方法(特許第4521580号)

要約

 みりんは我が国特有の調味酒類で、本県は伝統的産地として全国的に有名です。一方、製法上の違いは認められますが、みりんの品質は画一的で、市場規模も横ばいなため、みりん業界には新規みりんの商品開発に対する強い要望があります。
 本研究では、栄養価や機能性(アントシアニン色素)に富んだ健康長寿素材として消費者の注目を浴びている紫黒糯米を原料に使用し、鮮やかな赤色を示し、爽やかな酸味と栄養・機能性を兼ね備えた「赤色みりん」を開発しました。

特徴/セールスポイント

 「赤色みりん」は、(1)鮮やかな赤色を示す、(2)クエン酸の爽やかな酸味を呈する、(3)機能性色素アントシアニンを含有する(抗酸化性)、(4)K、Fe等の無機質栄養成分の含量が高い、といった特徴を示し、市場にはない新タイプのみりんです。
 本研究は平成15年度ジーンバンク事業(独立行政法人農業生物資源研究所委託事業)の研究成果です。

主な応用分野/市場動向

 本みりんとしての利用の他に、みりん風調味料の原料、飲料(本直し)及びデザートリキュールとしての利用が考えられ、みりんの用途拡大を図ることができます。市場にはない新規なみりんで、愛知県ブランドとして格好の製品になることが期待できます。
 現在、県農業総合試験場山間農業研究所において新規紫黒糯米の育種開発が行われており、「赤色みりん」の需要が拡大すれば、一次生産現場にも波及効果を示し、地域振興にもつながります。

提供する技術内容

 製造技術

開発状態

 製品試作品あり

図表

【既存みりん】

既存みりん

 

 

 

 

【新タイプ「赤色みりん」】

新タイプ「赤色みりん」

 

 

 

開発機関

 あいち産業科学技術総合センター・農業総合試験場

問合せ

愛知県知的所有権センター
電話 0561-76-8318
FAX  0561-76-8319

愛知県 産業労働部 産業科学技術課 (研究開発支援グループ)
電話 052-954-6370
FAX  052-954-6977