ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業科学技術課 > 「第11回わかしゃち奨励賞」最優秀賞・優秀賞の決定について

「第11回わかしゃち奨励賞」最優秀賞・優秀賞の決定について

平成28年12月21日(水曜日)発表

「第11回わかしゃち奨励賞」最優秀賞及び優秀賞の決定について

 愛知県、公益財団法人科学技術交流財団及び公益財団法人日比科学技術振興財団では、平成18年度から、優れた若手研究者の研究テーマ・アイデアの提案に対する顕彰制度「わかしゃち奨励賞」を設け、表彰を行っております。
 今回は、「イノベーションで未来に挑戦~次世代成長産業の創造~」をテーマに、全国から斬新なアイデアを募集し、基礎研究部門及び応用研究部門に応募のあった23件の提案の中から審査委員会による審査を行い、下記のとおり受賞者を決定しました。
 つきましては、平成29年1月30日(月曜日)に、表彰式及び受賞した若手研究者による優秀提案発表会を開催します。また、当日は東北大学大学院情報科学研究科教授の田所(たどころ)諭(さとし)氏による基調講演「災害現場でもへこたれない タフなロボット技術の研究開発」や、交流会も開催します。
 多くの皆様の御参加をお待ちしております。

1 「第11回わかしゃち奨励賞」受賞者 

(1) 基礎研究部門

  (最優秀賞)

ア 提案者及び提案

  提案者:名古屋大学教養教育院 講師  伊藤 英人 氏
  提 案:身近な生活から学ぶ革新的有機ナノチューブ合成法の開発

イ 提案概要
 有機エレクトロニクス材料や分子吸着材料等へ応用が期待される100万分の1メートルサイズの筒状分子「ナノチューブ」を合成する新手法として、身近な存在の「チューブ」の作り方をヒントにした「Helix-to-Tube法」と「Cone-Stacking法」を提案。 

(優秀賞)

 

提案者及び提案(五十音順)

提案者
(所属等)
提案

遠藤 求 氏

(京都大学大学院 生命科学研究科 准教授)

温暖化などの気候変動に強い農作物を非遺伝子組換えで作る

高田 尚記 氏

(名古屋大学大学院 工学研究科 准教授)

耐用温度200℃を超える革新的耐熱アルミニウム鍛造合金の設計

(2) 応用研究部門

  (最優秀賞)   

ア 提案者及び提案

  提案者:北里大学理学部 講座研究員/(株)RESVO CTO 大西 新 氏
  提 案:MIA関連疾患早期診断薬の開発

イ 提案概要
 胎児期の母体の強い免疫活性(MIA)によって出生児の神経発達が障害された場合、同時に出生児の血中免疫グロブリン軽鎖(FLC)濃度も上昇することに着目し、FLCを用いたMIAに由来する神経発達障害の早期診断薬を提案。

(優秀賞)

 

提案者及び提案(五十音順)

提案者
(所属等)
提案

大浦 圭一郎 氏

(名古屋工業大学大学院 工学研究科 特任助教)

Long Short-Term Memoryを用いた歌声合成技術の検討

髙橋 広夫 氏

(千葉大学大学院 園芸研究科 准教授)

健康寿命延長に資する生命科学ビッグデータ横断解析法の開発

三木 恒久 氏

((国研)産業技術総合研究所 中部センター 主任研究員)

プラスチックを代替する木質資源の流動成形による組織制御技術

吉冨 徹 氏

(東京大学大学院 総合文化研究科 助教)

酸化還元反応性高分子ゲルによる微細藻類バイオ燃料生産法の開発

 2 第11回わかしゃち奨励賞表彰式・優秀提案発表会

(1)日時
平成29年1月30日(月曜日) 午後2時から午後5時30分まで
(受付開始は午後1時30分)

(2)場所
あいち産業科学技術総合センター 1階 講習会室
住所:愛知県豊田市八草町秋合1267-1
電話:0561-76-8301

(3)定員
100名(申込先着順)

(4)プログラム
◆午後2時から午後2時05分まで 開会挨拶
◆午後2時05分から午後3時15分まで 基調講演
◆午後3時30分から午後3時50分まで 第11回わかしゃち奨励賞 表彰式
◆午後4時から午後5時30分まで 第11回わかしゃち奨励賞 優秀提案発表会
※プログラム終了後、午後5時30分から交流会(ライトパーティ)を開催します。

(5)参加費
無料
※交流会については、科学技術交流財団研究交流クラブ会員以外の方は、2,000円の参加費が必要となります。

(6)参加申込方法
事前申込が必要です。別添の申込書に必要事項(所属、氏名、連絡先、交流会参加の有無)を記入し、FAXまたは電子メールで申込先に、平成29年1月25日(水曜日)までにお申し込みください。
(申込先)
公益財団法人科学技術交流財団 業務部 担当 倉田
F  A  X: 0561-21-1651
電子メール: research@astf.or.jp
※ 参加証は発行いたしませんので、当日会場受付まで直接お越しください。なお、定員超過により参加いただけない場合に限り、御連絡させていただきます。
※ お申込みいただいた方には、今後、主催者が行う催事情報等を御連絡する場合があります。

問合せ

愛知県 産業労働部 産業科学技術課

E-mail: san-kagi@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)