ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業科学技術課 > 「平成29年度知財ビジネス交流会」の参加者を募集します!

「平成29年度知財ビジネス交流会」の参加者を募集します!

平成29年10月20日(金曜日)発表

「平成29年度知財活用ビジネス交流会」の参加者を募集します!

 愛知県では、公益財団法人あいち産業振興機構、名古屋商工会議所、一般社団法人愛知県発明協会、名古屋市と共催で、大企業が保有する開放特許(*)を活用して、県内中小企業の新製品開発・新事業創出を支援する取組を進めています。

 この度、その一環として、下記のとおり「平成29年度知財活用ビジネス交流会」を開催します。 当日は、本田技研工業株式会社にて、エグゼクティブエンジニアとして技術・商品の開発に従事した経験を生かし、退職後の現在は埼玉県よろず支援拠点にて、コーディネーターとして幅広く中小企業支援で御活躍されている野口満(のぐちみつる)氏をお招きし、「経営課題と知財活用(仮題)」をテーマに、知財を活用した経営課題への取組について、御講演をいただきます。その後、富士ゼロックス株式会社、本田技研工業株式会社、キユーピー株式会社、東日本旅客鉄道株式会社から自社の開放特許について御紹介いただき、希望者には個別相談を実施します。

 参加は無料です。是非、御参加下さい。

(*)開放特許:特許権者、または出願人が第三者に対し、開放(ライセンス契約、譲渡等)する意思のある特許。

1 日時

平成29年12月11日(月曜日)午後1時30分~午後4時30分

2 場所

  名古屋商工会議所 2階ホール

 (名古屋市中区栄二丁目10番19号 電話052-223-5620)

3 参加対象

   大企業の開放特許を活用した自社製品開発・新事業創出に関心のある中小企業の経営者、知財担当者等

4 定員

  150名(要事前申し込み、申込先着順)
  ※定員超過の場合のみ、ご連絡させていただきます。

5 参加費

  無料

6 内容

(1)講演 

  「経営課題と知財活用(仮題)」

   講師 埼玉県よろず支援拠点 コーディネーター 野口 満 氏

      (元本田技研工業株式会社 エグゼクティブエンジニア)

 (2)開放特許の紹介

  ◆ 富士ゼロックス株式会社

  • ウレタン樹脂系自己修復材料
  • Eリングの連続装着工具
  • ネジの連続締結装置
  • ネジ収容体
  • 1槽式油分洗浄装置
  • バネの自動ほぐし・供給装置 他

  ◆ 本田技研工業株式会社

  • 微細孔あけレーザ加工
  • 高硬度被膜レス傾斜材
  • 高速ブロー成形金型
  • ボーリング工具(φ0.02~0.18mm)
  • シーラ塗布ノズル装置
  • ワーク移載台車
  • 抗インフルエンザウイルス、抗アレルゲン加工シート表皮素材
  • マーカ内蔵ソケットレンチ

  ◆ キユーピー株式会社

  • 植物ステロール水分散技術
  • 飽和型リゾリン脂質と脂肪酸の組み合わせ
  • プレ乳化ペースト状物
  • 廃棄物(卵殻粉)の有効利用
  • おでん用ジャガイモの煮崩れ防止
  • 小ロットに対応できる撹拌タンク

  ◆ 東日本旅客鉄道株式会社

  • パンチ、ダイ、プレス方法、プレス機械の加工プログラム作成装置
  • 補修作業効率を向上させる階段用化粧材
  • 安全帯装着状況を確認できる装置
  • 安全、かつ確実にゴミを取り除ける樋部材
  • 屋外設置機器の盗難防止器

 紹介する開放特許の内容は愛知県発明協会のホームページ(http://aichihatsumei.oos.jp/)をご覧ください。

(3) 個別相談会(14時35分~16時30分で、(2)開放特許の紹介と同時開催)

 ※参加申込と併せて事前にお申込みください。

7 申込方法・申込先

  参加申込書に必要事項を御記入の上、FAXでお申し込みください。

  ※参加申込書については、下記よりダウンロードして頂けます。

 「平成29年度知財活用ビジネス交流会」参加申込書

    申込先:名古屋商工会議所 産業振興部 知的財産グループ(新木)
              FAX 052-221-7964

8 申込期限

   平成29年12月1日(金曜日)

問合せ

愛知県産業労働部産業科学技術課研究開発支援グループ(近藤、加藤)
電話 052-954-6370 

名古屋商工会議所 産業振興部 知的財産グループ(新木)
電話 052-223-5640 FAX 052-221-7964

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)