ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 入札・契約・公売情報 > プロポーザル > 「平成29年度愛知県における水素の利活用に関する事業モデル調査」の業務委託先を募集します。(平成29年8月23日 更新)

「平成29年度愛知県における水素の利活用に関する事業モデル調査」の業務委託先を募集します。(平成29年8月23日 更新)

「平成29年度愛知県における水素の利活用に関する事業モデル調査」企画提案募集要領(以下「募集要領」という。)のとおり、本委託業務の業務委託先を募集します。

1 委託業務名

平成29年度愛知県における水素の利活用に関する事業モデル調査

2 募集期間

平成29年8月4日(金曜日)から平成29年8月30日(水曜日)午後3時まで(必着)

3 委託業務の内容

以下の全ての内容を業務委託します。
・名古屋港湾地域における水素の利活用に関する調査及び水素の利活用モデルの提案
・赤羽根漁港における水素の利活用に関する調査及び水素の利活用モデルの提案
・県内事業者の水素ステーションビジネス参入のための調査及び参入モデルの提案

4 応募資格

応募の資格者は、平成28・29年度入札参加資格者名簿に登載(大分類:3.役務の提供、中分類:07.調査委託、小分類03.環境調査かつ07.総合研究所)又は搭載予定の者で、次の要件を満たす者とします。
(1)民間企業、特定非営利活動法人、その他法人(公益法人、事業協同組合など)又は法人以外の団体等(権利能力なき社団、有限責任事業組合など)であって、委託事業を的確に遂行するに足りる能力を有すること。
 なお、「的確に遂行するに足りる能力を有すること」とは、次のとおりとする。
   ア 総勘定元帳及び現金出納簿等の会計関係帳簿類を整備していること。
   イ 労働者名簿、出納簿、賃金台帳等の労働関係帳簿を整備していること。
(2)代表者が成年被後見人、被保佐人又は破産者でないこと。
(3)国税及び地方税を滞納していないこと。
(4)宗教活動や政治活動を主たる目的とした団体ではないこと。
(5)暴力団又は暴力団員の統制下にある団体ではないこと。
(6)応募日現在において、手形交換所による取引停止処分を受けてから2年間を経過しない者でないこと、また6ヶ月以内に手形、小切手を不渡りした者でないこと。
(7)愛知県から、製造の請負、物件の買い入れその他の契約にかかる資格停止措置を提案書受付期間に受けていないこと。

5 応募方法等

募集要領に示す応募書類を、愛知県産業労働部産業科学技術課に、持参または郵送にて提出して下さい。
(1)提出期限
  平成29年8月30日(水曜日)午後3時まで(必着)
(2)提出先
   愛知県 産業労働部 産業科学技術課 新エネルギー産業グループ
   〒460-8501 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番2号(愛知県庁西庁舎7階)

6 募集要領等

募集要領 [PDFファイル/255KB]

仕様書 [PDFファイル/207KB]

企画提案書 様式 [Wordファイル/58KB]

社会的取組申告書 様式 [Wordファイル/37KB]

7 企画提案募集説明会の開催(終了しました。)

以下のとおり説明会を開催します。(説明会への出席は、応募の必須条件ではありません。)

(1)日時
  平成29年8月10日(木曜日)午前11時から
(2)場所
  愛知県庁 本庁舎 地下1階 第1会議室
  (愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番2号)
(3)参加方法
  事前に、事業者名、所在地、参加予定者名及び連絡先を明記の上、電子メール(san-kagi@pref.aichi.lg.jp)で申し込んでください。その際、件名は「愛知県水素利活用事業モデル調査説明会の申込み」としてください。なお、会場の都合上、説明会へのご参加は1事業者につき2名までといたします。

8 応募に関する問合せに対する回答(平成29年8月16日(水曜日)受付を終了しました。)

本応募に関する問合せはありませんでした。

9 問合せ先

愛知県 産業労働部 産業科学技術課 新エネルギー産業グループ(担当:茶谷、水野)
電話:052-954-6350(ダイヤルイン)
FAX:052-954-6977
E-mail: san-kagi@pref.aichi.lg.jp
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)