ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 産業・科学技術 > 愛知地域スーパークラスタープログラム最終成果報告会の参加者を募集します

愛知地域スーパークラスタープログラム最終成果報告会の参加者を募集します

平成30年1月25日(木曜日) 記者発表

参加者募集!!

 愛知県は、名古屋市及び公益財団法人科学技術交流財団と共同で、平成25年度に国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「スーパークラスタープログラム」の採択を受け、「愛知地域スーパークラスタープログラム」として、「先進ナノツールによるエネルギー・イノベーションクラスター」のテーマにより、産学行政連携による共同研究開発を実施してきました。

 このプログラムは、当地域において取り組んできた研究成果を活かしつつ、国際競争力の高い成果の創出を目指して、愛知県、名古屋市及び科学技術交流財団をコアクラスターとし、長野、福井、山口の各地域をサテライトクラスターとして共同で実施するものです。 

 この度、本プログラムが平成29年度末をもって終了を迎えることから、「愛知地域スーパークラスタープログラム最終成果報告会」を開催し、これまでの研究成果や社会実装(*1)への取組等を報告します。

参加は無料です。是非御参加ください。

日時

平成30年3月6日(火曜日)午前10時20分から午後5時まで

(受付開始:午前9時30分)

場所

ミッドランドホール

住所:名古屋市中村区名駅四丁目7番1号

     ミッドランドスクエア オフィスタワー5F

電話:052-527-8500

内容

主な内容

(1)研究成果報告

研究テーマである「パワーデバイス」(*2)、「ナノマテリアル」(*3)について、各研究リーダー及び参画企業による報告を行います。

(2)ポスターセッション

参加の皆様に、ポスター展示により、社会実装に向けた取組を理解していただくとともに、研究者との質疑・議論を通じて理解を深めていただきます。

タイムテーブル

タイムテーブル
時間内容
9時30分~10時20分開場
10時20分~10時45分開会・挨拶
10時45分~11時05分

「愛知地域スーパークラスターの活動実績と今後の展望」

宮田 隆司(みやた たかし) 愛知地域スーパークラスター代表研究統括

11時05分~11時50分研究成果報告(1)

「大口径GaN/Siパワーデバイスの開発」

江川 孝志(えがわ たかし) 教授(名古屋工業大学)

「GaN/Siデバイスを用いた自動車用DC-DCコンバータの開発」

小坂 卓(こさか たかし) 教授(名古屋工業大学)

「企業報告」

株式会社デンソー

11時50分~13時10分休憩、ポスターセッション
13時10分~14時10分研究成果報告(2)

「溶液成長法による高品質SiC結晶の開発」

宇治原 徹(うじはら とおる) 教授(名古屋大学)

「高品質SiC結晶育成 ~溶液プロセスでの最適育成条件の提案に向けて~」

手嶋 勝弥(てしま かつや) 教授(信州大学)

「企業報告」

トヨタ自動車株式会社

「放熱対策用AlN結晶とデバイスの開発」

宇治原 徹(うじはら とおる) 教授(名古屋大学)

14時10分~14時50分研究成果報告(3)

「固体高分子形燃料電池用ナノファイバー電極材料の開発」

室田 修男(むろた のぶお) センター長(あいち産業科学技術総合センター尾張繊維技術センター)

「自動車の軽量化や工具の表面硬化を実現する先進プラズマ技術・装置の開発」

平野 幸治(ひらの こうじ) センター長(プラズマ技術産業応用センター(PLACIA))

「企業報告」

富士機械製造株式会社

14時50分~15時10分休憩
15時10分~16時57分研究成果報告(4)

「GaN基板上GaNパワーデバイス開発」

天野 浩(あまの ひろし) 教授(名古屋大学)

「GaNパワーデバイス用高品位GaN基板の開発」

只友 一行(ただとも かずゆき) 教授(山口大学)

「GaN系半導体を用いた縦型および横型トランジスタの開発」

葛原 正明(くずはら まさあき) 教授(福井大学)

「企業報告」

古河機械金属株式会社

サンケン電気株式会社

富士電機株式会社

「ラジカル支援MOCVD法によるAlInN/GaN系半導体の開発」

堀 勝(ほり まさる) 教授(名古屋大学)

「GaN結晶評価技術の開発」

石川 由加里(いしかわ ゆかり) 主席研究員((一財)ファインセラミックスセンター)

16時57分~17時00分閉会

定員

  200名(申込先着順) 

参加費

無料

申込方法

 愛知地域スーパークラスターWebサイトの「イベント情報」に設置した「申込フォーム」に、必要事項を入力し送信してください。

  ■愛知地域スーパークラスターWebサイト:http://www.aichi-supercluster.jp/

 御入力いただいた個人情報は、関連イベント情報の提供等に利用させていただくことがあります。あらかじめ御了承ください。

申込期限

平成30年2月26日(月曜日) (定員に達し次第締め切ります。)

参加受付証は発行いたしませんので、当日会場に直接お越しください。
なお、定員を超過して申込みがあった場合のみ御連絡させていただきます。

問合せ及び申込先

公益財団法人科学技術交流財団 スーパークラスター統括部
〒470-0356豊田市八草町秋合1267番1(知の拠点あいち内)
TEL : 0561-76-8329
FAX : 0561-76-8328
E-Mail : scp-info@astf.or.jp  担当 : 上野、宇野

【参考】スーパークラスタープログラムの概要

  スーパークラスタープログラムは、国立研究開発法人科学技術振興機構により、平成25年に創設された研究開発支援プログラムです。(実施期間:平成25年9月~平成30年3月)。

地域で取り組んできた科学技術振興施策の研究成果を活かしつつ、社会ニーズ・マーケットニーズに基づき選択と集中、ベストマッチ(コアクラスター+サテライトクラスター)を行い、広域連携による「スーパークラスター」を形成し、国際競争力の高い成果を創出する共同研究開発を実施するものです。

 愛知地域では、平成15~24年度に当地域で取り組んだ「知的クラスター創成事業」の成果をベースに、パワーデバイス用半導体材料や燃料電池向けのナノ高機能材料の社会実装を目指し研究を進めてまいりました。

研究開発体制

用語説明

(*1)パワーデバイス

 インバーターやコンバーターなどの電力変換器に用いられる半導体素子であり、その用途は、電気自動車、エアコン等家電のインバーター制御、各種汎用モーターなどが挙げられる。愛知地域スーパークラスターでは、エネルギー変換の更なる高効率化のために必要なGaN(窒化ガリウム)やSiC(炭化ケイ素)等の次世代パワーデバイス用半導体材料の研究開発を行っている。

(*2)ナノマテリアル

 ナノメートルとは10億分の1メートルを表す単位で、ナノサイズとすることで特殊な効果を発現する材料を「ナノマテリアル」と呼ぶ。

 愛知地域スーパークラスターでは、次世代燃料電池等の実用化に資する研究開発を行っている。

(*3)社会実装

 研究により得られた研究成果を社会問題解決のために応用、展開すること。

問合せ

愛知県 産業労働部 産業科学技術課
科学技術グループ(鹿野、安藤)
電話 : 052-954-6351
E-mail : san-kagi@pref.aichi.lg.jp