ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県政情報 > 市町村・広域行政 > 市町村 > 新地方公会計制度に基づく財務書類の作成状況について

新地方公会計制度に基づく財務書類の作成状況について

愛知県内市町村における財務書類の作成状況について

 平成18年6月に制定された行政改革推進法では、地方公共団体においても、資産及び債務の実態を把握し、これらの管理に係る体制の状況を確認することで、財務状況を明らかにすることが求められ、平成18年8月の「地方公共団体における行政改革の更なる推進のための指針の策定について(「地方行改新指針」)」では、発生主義の活用及び複式簿記の考え方の導入を図り、地方公営企業や第三セクターなどの関連団体を含む連結ベースで公会計の整備に取り組むこととされました。

 平成26年4月に取りまとめられた「今後の新地方公会計の推進に関する研究会報告書」の中で、固定資産台帳の整備と複式簿記の導入を前提とした財務書類の作成に関する統一的な基準が総務省から示され、平成27年1月の「統一的な基準による地方公会計の整備促進について(総務大臣通知)」では、原則として平成27年度から平成29年度までの3年間で、全ての地方公共団体において、「統一的な基準」に基づいて財務書類を作成することとされています。

策定状況一覧

各市町村における財務書類の公表状況は以下のとおりです。
市町村名をクリックすると、各市町村の財務書類の公表ページに移ります。

凡例
市町村名の前についている記号

                     ◎…統一的な基準で作成

                     ◆…基準モデルで作成

                     ◇…総務省改訂モデルで作成

リンク先のない団体は、未発表又はホームページ上での公表をしていない団体です。

平成25年度以前の決算に係る財務書類はこちら

財務書類の説明

○貸借対照表

 貸借対照表は、基準日時点で、地方公共団体がどのような資産を保有しているのかと、その資産がどのような財源でまかなわれているのかを、対照表示した財務書類。 基準日時点における地方公共団体の資産・負債・純資産といったストック項目の残高を明らかにする。

○行政コスト計算書

 地方公共団体の経常的な活動に伴うコストと使用料・手数料等の収入を示すものである。コストの面では、人件費等の人にかかるコスト、物件費等の物にかかるコストといった区分を設けており、当該コストの性質について簡潔に説明することができる。

○純資産変動計算書

 地方公共団体の純資産、つまり資産から負債を差し引いた残余が、一会計期間にどのように増減したかを明らかにするもの。総額としての純資産の変動に加え、それがどういった財源や要因で増減したのかについての情報も示される。

○資金収支計算書

 一会計期間における、地方公共団体の行政活動に伴う現金等の資金の流れを示すもの。基準モデルでは「経常的収支」「資本的収支」「財務的収支」、改訂モデルでは「経常的収支」「公共資産整備収支」「投資・財務的収支」という性質の異なる三つの活動に大別して記載され、地方公共団体のどのような活動に資金が必要とされているかを説明することができる。

※ 総務省では、各都道府県及び市町村において作成された財務書類のリンク集を開設しております。

 「地方公会計の整備」 トップページ 

      ⇒    http://www.soumu.go.jp/iken/kokaikei/index.html

問合せ

愛知県 総務部 市町村課
財政グループ
電話:052-954-6067(ダイヤルイン)
E-mail: shichoson@pref.aichi.lg.jp