ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

林木育種

林木育種への取組

ハブスギ植栽地林況

 優良種苗の安定的な供給は、収益性の高い森林の造成や産地銘柄化を推進する上で重要です。
 このため、スギやヒノキ等の成長が早い、まっすぐに伸びる、などの遺伝的形質の優れた種子を採取し供給しています。また、これらの特徴をもったスギの穂木や挿し木苗の生産を行っています。
 さらに、多様な森林を整備するため、ケヤキなどの広葉樹の種子生産にも取り組んでいます。

推奨品種

国の推奨品種 (スギ)

写真(左:東加茂3号、右:額田3号)

 

県の推奨品種 (スギ)

 北設楽2号(キヨサキ):東加茂3号、額田3号同様に優れた精英樹です。

花粉の少ないスギ品種

 林野庁では、花粉の少ないスギの品種を公表していますが、愛知県では東加茂2号と東加茂5号の精英樹2品種が認定されています。当センターでは、これらの花粉の少ないスギ品種についても挿し木苗の生産を行っています。

雄花着花状況の比較(左:一般的な品種、右:東加茂2号)                 

 平成25年度の公募により、東加茂2号の愛称を「あいちニコ杉」と命名しました。

 成長が良く材の形質も優れていることに加えて、花粉の量は一般的なスギに比べて1%以下です。

優良林業用種苗のご要望

 上記の「国の推奨品種」、「花粉の少ないスギ品種」の挿し木苗、その他優良林業用種苗のご要望がありましたら、お近くの森林組合、県農林水産事務所等へお尋ねください。

問合せ

愛知県 森林・林業技術センター(管理研修課)
電話: 0536-34-0321