ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農林基盤局森林保全課 > 農林水産部農林基盤局森林保全課の事業内容

農林水産部農林基盤局森林保全課の事業内容

1 緑化の推進について

(1) 緑化推進事業

  「自然環境の保全及び緑化の推進に関する条例」に基づき指定する緑化推進地区内で、市町村が実施する「緑化推進事業」及び「保存樹木等維持管理事業」に対し助成する。

(2) 緑化普及指導事業

 緑豊かな県土づくりを推進するため、県民の緑化意識の高揚を図ることを目的に、県植樹祭、学校関係緑化コンクールを実施、指導するとともに緑化木の生産振興を進めることを目的に、生産流通及び需要の実態を調査並びに緑化木生産の技術向上を図る。

(3) 緑化センター

 緑化に関する知識を普及し、緑化推進に寄与するために緑化用樹木や造園その他緑化に関する展示、緑化に関する相談及び研修等を行う施設として、昭和51年度に開設された。

 管理運営は、指定管理者制度により委託している。

 面積:48.2ヘクタール<本館、日本庭園、露壇庭園、展示林、オーストラリア庭園、カスケード、全国育樹祭記念広場等>

(4) 昭和の森

 昭和天皇御在位50年を記念して昭和56年度に開設された施設であり、森林レクリエーションの場として利用されている。

 管理運営は、指定管理者制度により委託している。

 面積:206.7ヘクタール<記念の森、友好の森、野鳥の森、遊歩道、交流館、バーベキュー場、平成こどもの丘等>

(5) 植木センター

 植木生産、造園技術の実習等、後継者育成及び技術の向上を目指した研修を実施するとともに、植木生産、造園技術に関する調査研究及び市場情報等の収集提供を行う施設として、昭和61年度に開設された。

 管理運営は、指定管理者制度により委託している。 

 面積:4.0ヘクタール<本館、温室、展示見本園、実習場等>

(6) あいち海上の森センター

 愛知万博の原点である海上の森を将来にわたり保全活用し、万博の理念と成果を未来に継承、発展させるため、平成18年度にオープンした。森林や里山に関する学習と交流の拠点としての取組を進めている。

 面積:5.0ヘクタール<本館、遊歩施設(窯の歴史館、繭玉広場、物見の丘)>

2 林道事業について

(1) 公共林道事業

 適正な森林整備の促進、林業生産性の向上等に重要な役割を果たすとともに、農山村地域の道路網を補完している林道の整備を行う。

 市町村等が行う林道の整備に対し助成するほか、過疎地域自立促進特別措置法及び山村振興法に基づく基幹道路に指定された林道の開設等については県営で実施する。

公共林道事業の計画
区分29年度計画
路線数事業費補助金※
林道開設事業1路線千円
3,296
千円
2,656
過疎山村地域代行林道事業(県営)8路線533,948533,948
林道改良事業県営2路線34,50034,500
補助6路線142,022101,117
林道舗装事業3路線55,08837,488
20路線768,854709,709
 ※過疎山村地域代行林道事業及び林道改良事業の県営事業は事業費を計上している。(いずれも事務費を含む。)

 (2) 単県林道事業

ア 小規模林道事業

 公共林道事業を補完する事業で、市町村等が行う林道の整備に対し助成している。

小規模林道事業の計画
区分29年度計画
路線数事業費補助金
開設事業8路線千円
181,690
千円
120,393
改良事業23路線151,29090,774
舗装事業10路線110,50072,833
危険地対策事業2路線13,5009,000
43路線456,980293,000

イ ふるさと林道整備事業

 市町村が行う地域活性化事業債を利用した林道の整備に対し助成する。

 
ふるさと林道整備事業の計画
区分路線数事業費補助金
改良事業1路線千円
4,200
千円
1,260
舗装事業2路線9,1342,740
3路線13,3344,000

 

(3) 災害林道復旧事業

 林道施設の災害に対処するため、農林水産業施設災害復旧事業費国庫補助の暫定措置に関する法律等に基づき、災害復旧事業を行う。

(平成29年度計画)

事業費:9,135千円

3 治山事業について

 (1) 公共治山事業

 森林の維持造成を通じて、山地に起因する災害から県民の生命・財産を保全し、また、水源のかん養、生活環境の保全・形成等を図るため、事業を実施する。

公共治山事業の計画
区分

29年度計画

箇所事業費
復旧治山17千円
662,713
予防治山13473,950
保安林整備17110,871
地域防災対策総合治山4132,358
水源地域整備5464,996
561,844,888

(2) 単県治山事業

公共治山事業の対象とならない小規模な荒廃地及び荒廃危険地の復旧と予防を小規模治山事業により行う。

 特に緊急度の高い箇所については、法人事業税超過課税を財源とする緊急小規模治山対策事業により行う。

単県治山事業の計画
区分29年度計画
事業量事業費
小規模治山87
71ヘクタール
千円
976,000
内訳保全施設整備87937,000
森林機能回復緊急整備71ヘクタール39,000
緊急小規模治山対策20258,000

107
71ヘクタール

1,234,000

(3) 災害荒廃地復旧事業

 公共土木施設災害復旧事業費国費負担法等に基づき、風水害等により発生若しくは拡大した荒廃山地及び被災した施設の災害復旧事業を行う。

 (平成29年度計画)

事業費:59,920千円

4 保安林事業について

 水源のかん養、災害の防備、生活環境の保全・形成、保健休養の場の提供、その他公共の目的を達成するために必要な森林について「森林法」に基づき保安林に指定する。

 これらの保安林の適正な配備と保全管理を図るために、保安林の指定・解除、標識の設置、台帳整備等の事務を行う。

5 林地調整事業について

 (1) 森林保全管理事業

 保安林以外の森林を対象とした開発行為に対して、災害の防止、水害の防止、水源のかん養、環境の保全等周辺地域への影響について審査し、許可を行う。

 (2) 鉱業調査

 鉱業法第24条の規定に基づき、経済産業局長から知事へ鉱業権(試掘権、採掘権)設定の協議がされたとき、鉱物の採掘が一般公益及び他産業に及ぼす影響等について調査を行い、回答する。

6  あいち森と緑づくり事業について

 多くの公益的機能を持ち、県民の安心、安全で快適な暮らしを支える森や緑を守り育て、健全な状態で将来へ引き継ぐため、「あいち森と緑づくり税」を活用し、地域の意向や特色を踏まえて森林や里山林の整備保全を図る。

あいち森と緑づくり事業の計画
区分 29年度計画
事 業 量事 業 費
森林整備人工林整備1,650ヘクタール千円
1,265,309         
里山林整備27箇所321,128
1,586,437
事業推進森林整備技術者養成技術者養成研修 10人9,312
普及啓発木の香る学校
づくり推進
机・椅子導入7,000セット183,927
下駄箱・ロッカー等 300台
愛知県産木材
利活用推進
間伐材搬出、ベンチ導入16件
推進事務費2,440
195,679
合計1,782,116

 ※ この他に農林水産部林務課、環境部、建設部の事業がある。

7 造林事業について

 森林が持つ国土の保全、水源のかん養、地球温暖化の防止等の多面的機能を発揮させるため、森林組合等が実施する間伐等の森林整備に対して助成する。
造林事業の計画

区分

29年度計画
事業量事業費補助金
植栽ヘクタール
72
千円
72,845 
千円
27,675 
除間伐等478403,365172,051
衛生伐22216,95311,868
772493,163211,594

8 分収造林事業について

 元(一社)愛知県農林公社から承継した分収造林地3,804haの多面的機能の維持増進を図るため、間伐や巡視等の管理業務を包括的民間委託により実施し、適切な維持管理を行う。
分収造林事業の計画
区分29年度計画
事業量事業費
分収造林管理業務委託

保育間伐 170ヘクタール

千円
80,550

利用間伐 41ヘクタール

分収造林事業事務費

8,257

 

88,807

9 森林保護事業について

 松くい虫やカシノナガキクイムシ等による森林の被害を防除するために、市町村が行う森林病害虫等防除事業に対して助成する。
森林保護事業の計画
区分29年度計画
事業量事業費補助金
松くい虫被害対策樹幹注入2,279アンプル 千円
9,799 
千円
7,347 

カシノナガキクイムシ被害対策

伐倒駆除40立方メートル 656490
樹幹注入60孔 4231
その他― 592296
11,0898,164

10 全国植樹祭の開催準備について

 平成31年春季に愛知県森林公園で開催する「第70回全国植樹祭」に向けて、式典行事計画、植樹行事計画、会場整備計画等を取りまとめた基本計画を策定するとともに、式典会場や植樹会場等の整備に着手する。

 また、植樹祭開催の機運を盛り上げ、県民に広く大会テーマ等を啓発するための記念事業を県内各地で実施する。

問合せ

愛知県 農林水産部 農林基盤局森林保全課

E-mail: shinrin@pref.aichi.lg.jp