ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 農林水産業 > 林業 > 平成27年度緑化功労者表彰で農林水産大臣賞を受賞!

平成27年度緑化功労者表彰で農林水産大臣賞を受賞!

平成28年3月18日(金曜日)発表

平成27年度緑化功労者表彰で農林水産大臣賞を受賞!

 この度、公益社団法人国土緑化推進機構(東京都、以下「機構」という。)が主催する緑化功労者表彰において、岡崎市及び愛知県より推薦しました山本 恵一(やまもと けいいち)(岡崎市 78歳)が、農林水産大臣賞を受賞しました。

 

 

 

(

1.緑化功労者について

機構では、毎年、国土緑化運動の一層の推進を期すために、

 ・森林の造成、林業技術の向上、また地域の環境緑化の推進や森林レクリエーション活動等において地域林業の振 興に貢献のあった方々

 ・林業後継者の育成や緑の少年団の育成指導など青少年の緑化運動の推進の貢献や、森林ボランティアとして国土緑化の推進に貢献があった方々

 ・特に地方の隠れた功労者

を緑化功労者として、表彰しています。

緑化功労者は、農林水産大臣賞、国土緑化推進機構会長賞、林野庁長官賞、国土緑化推進機構理事長賞の4つがあり、農林水産大臣賞は最も上位の賞となります。

受賞者の一覧は別紙のとおりです。平成27年度緑化功労者一覧 [PDFファイル/86KB]

2.山本恵一氏について

  山本氏は、平成15年より地域の林家等による研究グループ「額田林業クラブ」の会長を務めており、地域のために尽力されてきました。

3.受賞理由

山本氏が森林内で中学生へ森林の手入れについて説明している写真
  • 地元岡崎市立額田中学校等での間伐体験授業(座学)の講師を務め、クラブ員とともに実技を教え、また、都市部や下流の方にも森林について学び、間伐を体験してもらう、おと川リバーヘッド大作戦の会長等を務め、森林の機能や森林の手入れの必要性を広く周知するなど青少年の育成に寄与。
  • クラブ員の優良材生産のための柱材の試し引きや格付け、その柱材をぬかたまつりで展示、岡崎市への木材利用の働きかけや、第二早蕨(さわらび)幼稚園(岡崎市)の園舎再建時に、クラブ員と力を合わせて地元材の活用に尽力し、また未利用材を活用する「額田木の駅」プロジェクトにおいても中心的役割を担っており、地域の林業振興に寄与。
  • クラブ員間や地元の調整等に常に尽力し、自身も林業に取り組んできた。

等の功績が、評価されました。

4.その他

 表彰は平成28年6月5日(日曜日)に開催される第67回全国植樹祭(開催地:長野県)の席上で行われます。

問合せ

愛知県農林水産部農林基盤局
森林保全課緑化グループ
担当 藤野(繁)、菊田
内線 3768、3769
ダイヤルイン 052-954-6453

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)