ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農林基盤局森林保全課 > 「海上の森保全活用計画2025」を策定しました

「海上の森保全活用計画2025」を策定しました

平成28年3月25日(金曜日)記者発表

「海上の森保全活用計画2025」を策定しました

 本県では、瀬戸市の南東部に位置する海上の森を愛知万博の理念と成果を継承する森として位置づけ、平成19年3月に策定した「海上の森保全活用計画」に沿ってその適正な保全及び活用に取り組んでおりますが、現行計画の目標年度が平成27年度のため、この度、下記のとおり、目標年度を平成37年度とする「海上の森保全活用計画2025」を策定しました。
 この計画では、海上の森の特徴である多様な自然環境の保全、自然の恵みである資源の有効活用の促進、次世代に向けた森林や里山で活躍できる人材の育成、多様な主体との協働を重点項目に位置づけ、これらの取組を人と自然が共生する社会づくりの一つのモデルとして県内外へ普及啓発するなど、将来を展望した取組を進めてまいります。

1 計画の趣旨

この計画は「あいち海上の森条例」に基づき知事が定めるもので、海上の森の保全と活用を進めるにあたり、基本的な考え方や取組、進め方をまとめたものです。

2 計画の期間

2016年度(平成28年度)~2025年度(平成37年度)

3 計画の対象区域

下図に示す区域のうち民有地を除く約510haの県有地

対象区域

4 計画の重点項目

海上の森保全活用計画2025のコンセプト

「つづける・つなげる・ひろげる」~人と自然が共生する社会の実現を目指して~


 

(1)海上の森の保全・活用の継続(つづける)

  • 人工林・広葉樹林の整備
  • 伐採木の有効活用
  • 農地の整備による里山環境の維持

(2)次世代へ向けた人材の育成(つなげる)

  • 「あいち海上の森大学」修了生等を活用した体験学習等の実施
  • 森林・里山整備の指導者育成
  • 団体が交流できるセミナー等の開催
  • SNS等を活用した情報交換

(3)多様な主体との協働(ひろげる)

  • 地域や教育機関・企業等多様な主体の参画の促進
  • 企業等からの協賛・後援による支援を得る

海上の森保全活用計画2025

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)