ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農林基盤局森林保全課 > 平成29年度の取組について (全体予算額2,485,649千円)

平成29年度の取組について (全体予算額2,485,649千円)

平成29年度の取組について (全体予算額2,485,649千円)

森林整備事業費(農林水産部)  予算額1,586,437千円
区分事業内容事業量実施主体
人工林整備

・ 林業活動での手入れが進まない奥地林の間伐

 

・ 1,550ha

 

・ 県

・ 整備が困難な公道・河川沿いの森林の間伐

・ 100ha

 

・ 県

里山林整

・ 再生整備
     枯損木・不用木等の抜き伐り及び簡易防災工事

・ 13箇所所 

・ 県

・ 提案型整備
     地域の提案による住民協働での保全活用を前提とした整備

  ・ 3箇所

・ 市町村

・ 健全化整備
     地域の要望による枯損木・不用木の除去などの整備

  ・ 11箇所

・ 市町村

都市緑化推進事業費(建設部)  予算630,000千円
区分事業内容事業量実施主体
都市緑化の推進・ 身近な緑づくり
     市街化区域等の民有樹林地の市町村有地化及び緑地整備
 ・ 7箇所 ・ 市町村
・ 緑の街並み推進
   民有地の敷地又は建築物上(屋上、壁面等)の緑化
 ・ 120件 ・ 個人・企業
   (市町村経由)
・ 美しい並木道再生
   地域の顔となる美しい並木道の再生
 ・ 12箇所 ・ 市町村
・ 県民参加緑づくり
   県民参加による樹林地整備や植樹等の体験学習及び緑づくり活動
 ・ 106回 ・ 市町村等
環境活動・学習推進事業費(環境部)  予算額69,971千円
区分事業内容事業量実施主体

環境保全活動

・ 里山・里地や水辺等において、多様な生態系の保全やふれあいの場など健全な緑を保全・ 育成する
  ために行う事業
・ 上記の取組を新たに立ちあげるために必要となる事業・ 森林の水源かん養機能や人をはじめとした
  生物が享受している水の恩恵を学ぶ事業

107事業市町村・NPO等
  環境学習  ・ 森林の水源かん養機能や人をはじめとした生物が享受している水の恩恵を学ぶ事業
  ・ 山村と都市の交流を通じ地域の森林文化を体験・学習する事業
  ・ 森林生態系の保全や大切さや手法を学ぶ事業
  ・ 地球温暖化の防止やヒートアイランド現象の緩和に役立つ緑(植物)の生育を通じた太陽
    や自然の恵みを学ぶ事業
  独自提案   ・ その他上記に該当しない、創意工夫を凝らした独自の生物多様性に関連した環境保全活動・環境学習事業
  生態系ネットワーク形成

・ 水辺や樹林地など生息生育空間を新たに創出し、地域の生態系ネットワーク形成を進める事業
・ すでにある生物の生息生育空間を整備し、質の維持・向上を図る活動により、地域の生態系ネットワーク
  形成を進める事業
・ 上記2項目の実施にかかる生態系ネットワーク形成のための調査

事業推進費(農林水産部)  予算額199,241千円
区分事業内容事業量実施主体
技術者養成    ・  森林整備事業(人工林整備事業)に従事するために必要となる技術、技能を習得した技術者の確保育成を図る

・ 10名

   ・ 県
普及啓発

・ 小中学校の児童生徒用学習机・椅子などに愛知県産木材を使用した製品の導入を推進する

・ 机、椅子7,000セット+下駄
    箱、ロッカー等300台

・ 市町村

    ・ 間伐材の搬出を促進する取組や公共施設に愛知県産木材を使用したベンチの導入を支援する   ・ 16件  ・ 市町村

・ あいち森と緑づくり税やそれを財源とした事業について広くPRするほか、森や緑の保全活用の
  意義についての普及啓発を行う

   ・ 体感ツアー2回など

・ 県

推進事務

・ あいち森と緑づくり委員会の開催

 ・ 委員会開催4回

・ 県

    ・ 市町村等説明会    ・ 説明会随時
    ・ 事業調整等

お問い合わせ

森林整備事業、事業推進については
 農林水産部森林保全課森と緑づくり推進室
 連絡先 052-954-6455(直通)
都市緑化推進事業については
 建設部公園緑地課
 連絡先 052-954-6491(直通)
(美しい並木道再生事業)
 建設部道路維持課
 連絡先 052-954-6540(直通)
環境活動・学習推進事業については
 環境部環境政策課
 連絡先 052-954-6210(直通)

 

森と緑づくり推進室トップへ戻る