ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 東三河総局新城設楽振興事務所 > 2021年度 第1回 奥三河観光まちづくり塾の参加者を募集します

本文

2021年度 第1回 奥三河観光まちづくり塾の参加者を募集します

ページID:0359454 掲載日:2021年10月18日更新 印刷ページ表示

愛知県では、奥三河地域の観光振興を推進するため、「まちづくり」の担い手となる人材を育成する「奥三河観光まちづくり塾」を2017年度から開催しています。

第1回奥三河観光まちづくり塾

奥三河の課題である空き家を「負動産から富動産へ」

人口減少や高齢化が進んでいる奥三河地域においては、今後も空き家が増加することが予想されます。

空き家は、適正に管理しないで放置しておくと、老朽化が進行し、負の資産となるおそれもある一方で、空き家を地域資産として捉え、有効に活用して、観光につなげる地域の新たな魅力づくりや拠点づくりを行い、富の資産とする取組が始まりつつあります。

そこで、今年度第1回の「奥三河観光まちづくり塾」では、下記のとおり株式会社戸田工務店取締役マネージャーの戸田幸志氏を講師に迎え、空き家・古民家を活用した観光や関係人口づくり、移住・定住に関する取組についてお話しいただきます。是非、御参加ください。

なお、今年度の「奥三河観光まちづくり塾」は、2回開催する予定です。

1.日時

2021年11月18日(木曜日) 午後1時30分から午後3時30分まで

                 (受付開始 午後1時)

2.場所

新城市文化会館 3階 大会議室

(所在地:新城市字下川1番地1 電話:0536-23-2122)

3.内容

コロナ禍で地方への移住が注目されている中、従来から課題となっている空き家問題の解決方法の一つとして、空き家・古民家を活用した観光や関係人口づくり、移住・定住について講演を行います。

(テーマ:奥三河の課題である空き家を「負動産から富動産へ」)

4.対象

奥三河地域(新城市、設楽町、東栄町、豊根村)で観光等に携わっている方及び今回のテーマに関心のある方

5.定員

40名(申込先着順)

6.参加費

無料

7.申込方法

2021年11月15日(月曜日)午後5時までに、申込書に所属、名前及び電話番号を記入の上、FAX又はE-mailで送付するか、電話でお申込みください。

【申込先】愛知県東三河総局新城設楽振興事務所

【電話】0536-23-2115

【FAX】0536-23-2125

【E-mail】shinshiroshitara@pref.aichi.lg.jp

【申込書】第1回奥三河観光まちづくり塾 [PDFファイル/469KB]

※ 参加証は発行しませんので、当日は直接会場にお越し下さい。なお、 定員超過により参加いただけない場合のみ、御連絡します。

8.講師

株式会社戸田工務店 取締役マネージャー  戸田 幸志氏

株式会社戸田工務店(新城市)取締役マネージャー。NPO法人奥三河田舎暮らし隊理事。一般社団法人愛知県古民家再生協会理事。大工の祖父・設計士の父親を持ち、自身は営業の道を選んだ。兄の5代目社長戸田桂一郎氏の右腕として各事業の最前線に立つ。

学生時代、バックパッカーとしてアジアを一人で歩き、その国独自の伝統的な建物・文化などに触れ感動する。その中でも日本の伝統工法の古民家は、世界一だと判断したが、当時先進国と呼ばれていた日本が、観光の面では極端に遅れていることに不安を感じた。

2020年には、奥三河4市町村と空き家等古民家の活用に関する包括連携協定を結ぶなど、空き家古民家の活用や若手大工の育成・技術の継承に尽力し、日本の未来の子供たちのために「日本の伝統を現代に調和させ未来に継承する」活動を行っている。

9.新型コロナウイルス感染防止対策

・会場では、参加者の距離を十分に確保し、アルコール消毒液、非接触式体温計等を準備します。測定の結果37.5℃を超えた場合は、入場をお断りする場合があります。

・参加の際には、マスクの着用や、手洗い等の感染防止対策をお願いします。

・当日、体調が優れない方は、参加を御遠慮ください。

・感染状況等により変更又は中止となる場合は、愛知県Webサイト(ネットあいち)でお知らせいたします。

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)