ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 東三河総局新城設楽振興事務所 > 【変更】2021年度 第2回 奥三河観光まちづくり塾の参加者を募集します

本文

【変更】2021年度 第2回 奥三河観光まちづくり塾の参加者を募集します

ページID:0380292 掲載日:2022年2月9日更新 印刷ページ表示

【2022年2月9日変更】

新型コロナウイルス感染拡大状況を鑑み、奥三河観光まちづくり塾の開催形式を、オンラインに変更します。

愛知県では、奥三河地域の観光振興を推進するため、「まちづくり」の担い手となる人材を育成する「奥三河観光まちづくり塾」を2017年度から開催しています。

第2回奥三河観光まちづくり塾

特産品開発のコツ(商品開発~販路開拓)を知って計画づくりを進めよう!

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、各観光地では観光入込客数が大きく減少し、飲食店の売上げや土産品等の販売が低迷するなど地域経済に暗い影を落としています。

このような状況の中、観光関連消費の喚起を図るためには、地域内外に観光地としての魅力を発信することはもちろんですが、魅力向上の一助となる新たな特産品や観光土産品等の商品開発が重要です。

そこで、今年度第2回の「奥三河観光まちづくり塾」では、下記のとおり中小企業支援に通じたコンサルティングオフィス トライアシスト大岩 代表大岩基昭氏を講師に迎え、特産品の開発から販路開拓についてお話しいただきます。是非、興味のある方は御参加ください。

なお、今年度の「奥三河観光まちづくり塾」は、今回で終了です。

1.日時

2022年2月24日(木曜日) 午後1時30分から午後3時30分まで

                 (接続開始 午後1時)

2.開催形式

オンライン(Cisco Webex Meetingsを使用)

3.内容

特産品の開発から販路開拓のための計画の立案方法などについて、実際の事例を基に講演を行います。

(テーマ:特産品開発のコツ(商品開発~販路開拓)を知って計画づくりを進めよう!)

4.対象

奥三河地域(新城市、設楽町、東栄町、豊根村)で観光等に携わっている方及び今回のテーマに関心のある方

5.定員

40名(申込先着順)

6.参加費

無料(オンライン参加の通信料は自己負担。)

7.申込方法

2022年2月21日(月曜日)午後5時までに、申込書に所属、名前、電話番号及びメールアドレスを記入の上、FAX又はメールで送付するか、電話でお申込みください。

【申込先】愛知県東三河総局新城設楽振興事務所

【電話】0536-23-2115

【FAX】0536-23-2125

【E-mail】shinshiroshitara@pref.aichi.lg.jp

【申込書】第2回奥三河観光まちづくり塾チラシ [PDFファイル/416KB]

※参加証は発行しません。 なお、定員超過により参加いただけない場合のみ、電話で御連絡します。

※参加者には、別途、参加者用URLを開催前日までにメールで御案内します。

8.講師プロフィール

コンサルティングオフィス トライアシスト大岩 代表 大岩基昭氏

コンサルティングオフィス「トライアシスト大岩」代表。独立行政法人中小企業基盤整備機構中部本部「実務支援アドバイザー」、一般社団法人岐阜県発明協会「知財アドバイザー・専門家」などを務める。

創業、経営革新、事業承継、経営戦略、販売戦略等の各種経営計画策定や社員のスキルアップ、QC(品質管理)活動等の社員教育、その他専門分野に係る各種支援を得意分野としている。

岐阜県商工会連合会等で30数年経営指導員として地域の小規模事業者支援・特産品開発等の実務に従事。中小企業診断士の資格を取得し、平成27年4月にコンサルティングオフィス「トライアシスト大岩」を独立開業した。

商工会等での経験を活かし商品開発・製造・販路開拓に係る事業計画や新規創業に係る経営計画の策定などの2,000社以上の企業の支援をした実績を持つ。

9.新型コロナウイルス感染防止対策

・感染拡大防止のため、オンラインで開催します。

・感染状況等により変更又は中止となる場合は、改めてお知らせすると同時に県新城設楽振興事務所Webページでお知らせします。

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)