ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > ヒガタアシが特定外来生物に指定されました (県条例の規制対象から外来生物法の規制対象となります)

ヒガタアシが特定外来生物に指定されました (県条例の規制対象から外来生物法の規制対象となります)

平成26年6月11日発表

ヒガタアシが特定外来生物に指定されました                                                      (県条例の規制対象から外来生物法の規制対象となります)

 平成26年6月11日付けで環境省は、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令(平成17年政令第169号。以下「施行令」という。)の一部を改正し、ヒガタアシ(学名:スパルティナ・アルテルニフロラ)を含むスパルティナ属全種を特定外来生物に指定しました。

 特定外来生物に指定されたヒガタアシは、栽培、生きた種子及び器官(茎・根)の移動や野外へ放つ行為等が規制されます。

・一旦拡がった移入種を防除(駆除)するには多大な労力がかかります。

・移入種は、地域の生態系に対する被害防止のため、「入れない」、「捨てない」、「拡げない」ようにしてください。

 なお、本県は、ヒガタアシを平成24年3月に自然環境の保全及び緑化の推進に関する条例(昭和48年条例第3号。以下「条例」という。)に基づき移入種として公表し、生きた個体をみだりに野外へ放つこと等を禁止してきましたが、この施行令の一部改正により条例対象種から除外されることとなりました。

 これにより、条例で公表された移入種は28種となります。

<参考>

1 外来生物法とは、特定の外来生物による生態系、人の生命・身体、農林水産業への被害を防止することを目的とした法律。

2 特定外来生物とは、もともと日本にいなかった外来生物のうち、生態系、人の生命・身体、農林水産業への被害を及ぼすもの、又は及ぼすおそれがある侵略的な外来生物。

3 条例公表種一覧表

4 ヒガタアシ情報提供のお願い

5 外来生物については、「STOP!あいちの外来種(愛知県移入種対策ハンドブックweb版)」をご覧ください。                                              (URL:http://www.pref.aichi.jp/kankyo/sizen-ka/shizen/gairai/index.html  

参考

問合せ

愛知県 環境部 自然環境課
 野生生物・鳥獣グループ 夏目、杉本
電話: 052-954-6230(ダイヤルイン)
E-mail: shizen@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)