ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 自然環境課 > あいち森と緑づくり生態系ネットワーク形成事業の実施団体が決まりました!

あいち森と緑づくり生態系ネットワーク形成事業の実施団体が決まりました!

あいち森と緑づくり生態系ネットワーク形成事業の実施団体が決まりました!

1 交付金の概要

愛知県では、県民、事業者、NPO等の地域の様々な立場の人が協働して、「生態系ネットワーク」※を形成するため、平成26年度から「あいち森と緑づくり税」を活用し、ビオトープの創出、維持・向上等の活動に対し、「あいち森と緑づくり生態系ネットワーク形成事業交付金」による支援を行っています。
この度、平成29年度の交付対象者として6団体を決定しました。
※ 生態系ネットワーク・・・開発などで分断・孤立した、生きものの生息生育空間(ビオトープ)を緑地などでつないで、地域本来の自然環境を保全・再生するもの

(1)目的

県民、事業者、NPO等の地域の様々な立場の人々が協働して、地域本来の自然環境を保全・再生し、生きものの生息生育空間をつなぐ「生態系ネットワーク」を形成するため、ビオトープの創出、維持・向上等に要する経費に対し、あいち森と緑づくり税を財源とする交付金を交付する。

(2)交付対象者

生態系ネットワークの形成を目的とする、NPO・ボランティア団体・農協・漁協・森林組合・自治会・大学・企業・市町村等の複数の団体から構成される団体

(3)交付対象事業

 
交付対象事業事業内容及び例
1 ビオトープ創出事業

  水辺や樹林地など生物の生息生育空間を新たに創出し、地域の生態系ネットワーク形成を進める事業

(例) 1 工場・事業所、学校などの敷地内におけるビオトープの整備

    2 企業が保有する空地などを活用したビオトープの整備

2 ビオトープ維持・向上事業

  既にある生物の生息生育空間を整備し、質の維持・向上を図る活動により、地域の生態系ネットワーク形成を進める事業                    

(例) 1 里山、林や草地、湿地などのビオトープとしての再生

    2 公園や緑地、ため池や調整池などのビオトープとしての再整備

3 調査事業

  上記1、2の実施にかかる生態系ネットワーク形成のための調査

(例) 1 ビオトープ整備事業予定地及び周辺の植生、動植物の生息生育状況の調査

    2 モニタリング調査(定期的な生きものの調査)

 

(4)交付率及び限度額

交付率 対象事業に必要な経費のうち知事が認める経費の10分の10以内
限度額 1件あたり300万円

2 平成29年度の採択団体等

(1)募集期間

平成29年2月22日(水曜日)~3月15日(水曜日)

(2)応募数(採択数)

6団体(6団体)

(3)平成29年度の採択団体及び採択事業

別表のとおり

3 その他

各団体に対して取材を希望される場合は、次の連絡先まで御連絡ください。
愛知県環境部自然環境課 国際連携・生態系グループ
電話 052-954-6229(ダイヤルイン)
電子メール shizen@pref.aichi.lg.jp  

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)