ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 自然環境課 > 渥美半島自然学習フォーラム ~外来生物の防除を考える~ が開催されます!

渥美半島自然学習フォーラム ~外来生物の防除を考える~ が開催されます!

渥美半島生態系ネットワーク協議会主催の「外来生物の防除」をテーマにした自然学習フォーラムが開催されます!

 愛知県が設立を推進し、渥美半島で活動する多くのNPOや事業者などが一体となって設立された「渥美半島生態系ネットワーク協議会」では、この度、「外来生物の防除」をテーマに、「平成29年度渥美半島自然学習フォーラム」を開催します。
 このフォーラムでは、渥美半島の豊かな自然とその生態系を脅かしている「外来生物の防除」をテーマにして、神戸大学の尾崎まみこ先生による講演が行われます。また、協議会構成員による取組発表も行われます。
 皆様のご参加をお待ちしております。

1 フォーラム詳細

(1)開催日時

平成29年12月1日(金曜日)
18時~19時15分(17時30分より受付開始)

(2)開催場所

田原市役所 講堂(南庁舎6階)

(3)講演

表題:「侵害性アリの性質~防除の工夫~」
講師:神戸大学教授 尾崎まみこ 先生
内容:
 昨今、南米原産のアリが海を渡って日本にも侵入し、旺盛な繁殖力を武器に生息域を拡大、人の生活圏にも入り込んで各地で問題を引き起こしています。
 今日は、主にアルゼンチンアリとヒアリを対象に、その性質をよく知って、どのように防除の工夫をすればよいかを考えてみましょう。

(4)講師紹介

お名前:尾崎 まみこ 先生
ご所属:神戸大学 大学院理学研究科 理学部生物学科 教授(理学博士)
略歴:
1977年  神戸大学卒業
1982年  九州大学大学院理学研究科博士後期課程単位取得後退学
1982年~ 神戸大学研究生/大阪大学研究生
1985年~1985年 米国パデュー大学リサーチアソシエイト 
1989年~1990年 独国マックスプランク行動生理学研究所招待研究員
1999年~2006年 京都工芸繊維大学繊維学部助教授 
2006年~ 神戸大学理学部教授 
2007年~ 同大学院理学研究科教授

(5)参加費

無料

(6)参加対象

どなたでもご参加いいただけます。

(7)定員

100名
※定員になり次第、参加申込書の受付を終了させていただきます。

2 申し込みについて

(1)申し込み方法

メール、又はFAXにて、別添チラシ裏面(参加申込書)をご提出下さい。
・メール:atsumi.econet@gmail.com
・FAX:052-963-3526

(2)申し込み〆切

平成29年11月29日(水曜日)まで
※定員になり次第、参加申込書の受付を終了させていただきます。

(3)お問合せ先

渥美半島生態系ネットワーク協議会(事務局:AKJ環境総合研究所)
担 当:後藤 尚弘
メール:atsumi.econet@gmail.com

3 参考

「渥美半島生態系ネットワーク協議会」について

 愛知県においては、生態系ネットワークの形成を推進するために、県内を9つの地域(渥美半島・東三河・新城設楽・西三河・西三河南部・東部丘陵・知多半島・尾張西部・尾張北部)に区分し、地域ごとに共通の目標を掲げ、多様な主体が協働する場として9つの生態系ネットワーク協議会が設立されています。
 生態系ネットワークとは、「生物多様性」を守っていくために、同じタイプの自然や異なるタイプの自然をつながり合わせる(ネットワーク)ことです。生態系ネットワーク協議会では、生物多様性保全の普及啓発事業を行うとともに、生態系ネットワーク形成のための実施計画に基づき、協議会構成員のそれぞれの立場に応じた取組を行っています。
 渥美半島生態系ネットワーク協議会は、渥美半島で活動する多くのNPOや事業者などが一体となって平成27年1月に設立されました。(会長:後藤尚弘 東洋大学教授)「海と大地の恵みを活かし、人と自然を未来につなぐ渥美半島の創造」というテーマを掲げ、産業や暮らしを支える基盤としての自然の恵みを活かすことで、持続可能な地域振興につなげる取り組みを展開しようとしています。
 今後も、当協議会の趣旨に賛同していただける団体、企業等に参加していただき、協働しながら、渥美半島における生物多様性保全に向けた活動を行っていきます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)