ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障害者 > 愛知県の小学生が「障害者週間のポスター」最優秀賞(内閣総理大臣賞)を受賞しました

愛知県の小学生が「障害者週間のポスター」最優秀賞(内閣総理大臣賞)を受賞しました

愛知県の小学生が「障害者週間のポスター」最優秀賞(内閣総理大臣賞)を受賞しました

 内閣府は都道府県と指定都市の共催により「心の輪を広げる障害者理解促進事業」を実施しています。この事業において、障害の有無にかかわらず、誰もが地域や職場、学校などで人権と個性を尊重し合い、支え合う「共生社会」の実現を目指し、「心の輪を広げる体験作文」と、「障害者週間(※)のポスター」を募集しました。

 応募作品は県の審査会において審査の上、内閣府へ推薦する作品を決定し、内閣府が設置する審査委員会において部門ごとに入賞作品が選定されます。

 このたび、「障害者週間」のポスター小学生部門において、愛知県から内閣府へ推薦した作品が最優秀賞(内閣総理大臣賞)に選定されました。

※「障害者週間」は、障害者基本法により、障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的として、毎年12月3日から12月9日までの1週間と定められています。

1 受賞者氏名

  障害者週間のポスター 小学生部門 最優秀賞(内閣総理大臣賞)

   太田 いつき (おおた いつき)さん 犬山市立犬山西小学校1年生

   作品名 「もうどうけんってすごいな」     太田さんの作品 [その他のファイル/437KB]

2 障害者週間のポスター募集テーマ

  障害の有無にかかわらず誰もが能力を発揮して安全に安心して生活できる社会の実現

3 対象者

  小学生及び中学生(特別支援学校の小学部、中学部の児童生徒含む)

4 心の輪を広げる体験作文及び障害者週間のポスター 応募作品数

  応募作品数 [PDFファイル/48KB]

5 表彰式

(1) 日 時   平成29年12月5日火曜日 午後2時30分から

(2) 場 所   東海大学交友会館「阿蘇の間」 (東京都千代田区霞が関)

(3) 次 第   ア 主催者挨拶(内閣府特命担当大臣)

          イ 御言葉 (皇太子同妃両殿下)

          ウ 表彰式授与 (内閣総理大臣)

          エ 「心の輪を広げる体験作文」最優秀作品朗読

          オ 記念撮影

★ 関連ページ

 平成29年度「心の輪を広げる体験作文」「障害者週間のポスター」の県入賞作品

 県入賞作品の作品展  お近くにお越しの際はぜひご覧ください。

◆ 平成29年度心の輪を広げる障害者理解促進事業の実施について

 内閣府ホームページ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)