ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 入札・契約・公売情報 > プロポーザル > 「精神・発達障害者雇用促進事業」の業務委託事業者を募集します

「精神・発達障害者雇用促進事業」の業務委託事業者を募集します

 

「精神・発達障害者雇用促進事業」の業務委託事業者を募集します

愛知県では、精神・発達障害者の方々の雇用を促進するため、次の事業を実施します。
この度、その事業を実施していただく委託事業者を募集します。

1 事業の目的

精神・発達障害者の就職に向けた支援を行うとともに、受け入れる企業に対しても障害特性等の理解を深めていただくための勉強会等を行うことで、精神・発達障害者の雇用の促進を図る。

2 事業内容

(1) 障害者に対する支援
 ・就職活動を支援するため、就職成功者等からのアドバイスや参加者同士が情報交換を行う交流会の実施(5回以上)
 ・交流会参加者等に対する個別の就職支援
(2) 企業に対する支援
 ・精神障害者雇用に係る基礎的な知識や雇用事例等を学ぶとともに、参加者同士が精神障害者雇用に係る課題を出し合い、解決に向けた意見交換等を行う勉強会の開催(3回以上)
 ・勉強会参加企業等に対する企業内の仕事の切り出し、労務管理アドバイスから採用までのコンサルティング
(3) 面接会の開催等
 ・ハローワークと連携した面接会の開催(1回以上)
 ・面接会以外における随時のマッチング
(4) 障害者・企業に対するフォローアップ
 ・障害者、企業双方の雇用に関する相談に対応し、交流会・勉強会・面接会終了後も雇用に向けた継続的な支援を行う。

3 応募資格

主な要件は以下のとおりです。詳細は募集要項を御覧ください。
(1)企画提案書提出期限において平成30.31年度入札参加資格者名簿の「大分類3.役務の提供等」に登録され、取扱業務内容が「中分類 16.その他の業務委託等」の愛知県に事業所を有するもの。
(2)障害者雇用促進の観点から、平成29年6月1日現在において障害者雇用率2.0%を達成していること。
(3)有料職業紹介事業所の許可を受けていること。

4 募集期間 応募方法

平成30年3月29日(木曜日)から平成30年4月12日(木曜日)午後5時(郵送の場合は正午必着)
(受付時間は土日祝日を除く平日午前9時から午後5時まで)
郵送(配達証明に限る)又は持参

5 契約条件

(1)契約形態
  委託契約とする。
(2)契約金額限度額
  金5,930千円(消費税及び地方消費税込み)
(3)契約保証金
  愛知県財務規則129条の2により、契約金額の100分の10以上の額とする。
  ただし、愛知県財務規則第129条の3に該当するときは全部又は一部を免除する。
(4)契約期間
  契約締結日から平成31年3月15日(金曜日)までとする。

6 説明会の開催

開催日時 平成30年4月5日(木曜日)午前10時から午前11時まで
開催場所 愛知県庁西庁舎 8階 A会議室 名古屋市中区三の丸3-1-2
参加申込 電子メール(shugyo@pref.aichi.lg.jp)にて平成30年4月4日(水曜日)午後5時までに申込むこと。
       参加人数については、1事業所2名までとする。
※ 本説明会への参加は、応募の必須条件ではありませんが、応募希望予定者はできる限り出席してください。

7 企画提案書提出先

〒460-8501
名古屋市中区三の丸三丁目1番2号(愛知県庁西庁舎8階)
愛知県産業労働部労政局就業促進課 高齢者・障害者雇用対策グループ
電話 052-954-6367(ダイヤルイン)
FAX 052-954-6927

8 審査方法

提出された企画提案書について、県が設置する選定委員会においてプレゼンテーション及びヒアリングによる審査を行う。
また、応募者多数の場合、選定委員会での審査に先立ち、県において書面による予備審査を行う場合がある。
予備審査は選定委員会と同様の基準にて審査する。また、必要に応じて追加資料の提出を求めることがある。
なお、予備審査及び選定委員会は非公開とし、審査の経過等、審査に関する問い合わせ及び異議申し立てには応じない。

9 スケジュール(予定)

平成30年4月5日    説明会の開催
平成30年4月12日  企画提案書の提出期限
平成30年4月下旬  プレゼンテーションによる審査
平成30年5月上旬  委託先の決定、契約、業務開始
平成31年3月15日  事業完了

10 その他

本事業の実施は、国の地方創生推進交付金の交付決定を条件とする。
 

問合せ先

愛知県 産業労働部 労政局就業促進課
高齢者・障害者雇用対策グループ
電話 052-954-6367
E-mail: shugyo@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)